• ホーム
  • まつ毛育毛剤として知られるルミガンの効果はどのくらいなの?

まつ毛育毛剤として知られるルミガンの効果はどのくらいなの?

2020年05月23日
きれいな目とまつげ

現在まつ毛育毛剤は様々なメーカーから販売されており、初めて利用する方などはどの商品を利用すればいいのか悩んでしまうという方は少なくありません。特にまつ毛育毛剤は医薬品でもあるので、出来るだけ安全性の高い物を利用したいと考えているなら、育毛剤の先発医薬品であるルミガンを利用することをおすすめします。

ルミガンはアメリカの製薬会社アラガン社が開発製造した緑内障の治療薬であり、国内でも緑内障や高眼圧症の治療薬として実際に処方されている点眼薬としても有名です。ルミガンにはまつ毛に影響を及ぼす副作用を持っており、その副作用を利用することでまつ毛の育毛効果があることから現在は育毛剤としても利用されるようになり、日本国内ではグラッシュビスタという名前で発売されている特徴があります。

ルミガンにはビマトプロストという有効成分が入っており、直接まつ毛の根元部分に塗布することで毛包に刺激を与え、発毛を促しこれから伸びてくるまつ毛に対して太く長く成長させる効果が得られます。
また実際に行われた臨床試験では、約4ヶ月継続して利用することで約80%の利用者にまつ毛の育毛効果が実感出来たという試験結果が出ています。毎日就寝前に上まつ毛の根本に対して、専用の使い捨てアプリケーターでアイラインを引くように塗布することで、まつ毛の毛根や毛包部分に有効成分を届けることが出来ます。

ただし、使用する上で注意しなくてはいけないのが、余計な薬剤が付着してしまった場合、焦らずに優しく拭き取る必要があります。ルミガンに含まれるビマトプロストは、まつ毛に与えることで黒々とした太い毛質に育毛することが出来る効果が得られますが、皮膚に付着してしまうとメラニン色素の生成により色素沈着を起こしやすく、目元に黒ずみができやすくなる恐れがあります。

また、元々は点眼薬として利用されていますが、眼病を患っているわけではない健康な人の目に入ってしまうと、痒みや充血が起こる可能性が高いので、アプリケーターを利用して塗布する際には量を調節して、少量を丁寧にまつ毛の根本に塗布するようにすることが大切です。
基本は上まつ毛の部分だけに使用すれば、まばたきをした際にしたまつ毛部分にも付着するので、下に同じように塗布する必要はありません。アプリケーターは使い捨てなので、片方を塗った後は一度新品と交換して、もう片方はもう一つのアプリケーターで塗布するようにしましょう。