• ホーム
  • まつげ育毛剤の中には一般人が個人輸入ができるものはある?

まつげ育毛剤の中には一般人が個人輸入ができるものはある?

2020年05月12日
笑顔の女性

アイメイクに頼らずに、自まつげを太く、長く伸ばすまつ毛ケアを始めている女性は非常に増えており、日頃のアイメイクによるダメージから自まつ毛を守るためにもまつげ美容液でコーティングをしたり、まつ毛育毛剤などを利用して発毛を促すお手入れを行う方も増えてきています。
ただし、これらのまつ毛ケアアイテムを利用しているの方の中には、美容液と育毛剤の違いがないと勘違いしている方は多いですが、前者は化粧品なのに対して、後者は医薬品となっているので、美容液は通販サイトやドラッグストアなど市販でも手に入れることが出来ても、育毛剤となると医療機関で医師に処方をしてもらわないと手に入れることが出来ません。

そのため一般的にまつ毛育毛剤と呼ばれる医薬品は、睫毛貧毛症などの病気の治療として処方される他に、美容目的として自費で処方をしてもらうかの2種類の方法しかありません。まつ毛育毛剤は最低でも4ヶ月継続して使用を続けることが効果を実感する為に必要といわれているので、定期的に医療機関に処方をしてもらう必要があり、受診料や処方せん料、薬の料金などを含めてもかなりのコストがかかってしまうことに悩んでいる方も少なくないのです。

そこで、もっと手軽に育毛剤を手に入れる方法として、海外のメーカーが販売しているまつ毛育毛剤を個人輸入通販サイトを利用して購入する方法があります。もし日本国内で販売されていない育毛剤でも、個人利用の範囲内であれば海外から直接個人輸入をするのは法的に認められているので問題はありません。
しかし自分で直接海外から注文するとなると、海外通販の登録から支払い、発送手続きまで非常に面倒なことになるのですが、個人輸入通販サイトを間に挟むことで代行業者が面倒な手続きを全て行ってくれるメリットがあります。

個人輸入通販サイトで取り扱いされているまつげ育毛剤は種類も豊富で、先発医薬品であるルミガンをはじめ、後発医薬品も数多く販売されているので価格や容量などを比較して、利用しやすそうな商品を選んで注文することが出来るようになっています。また単品での購入も可能ですが、大体はまとめ買いをすると単品よりも割引された金額で購入することが出来るので、かなりお得にまつげ育毛剤を手に入れることが出来るメリットもあり、利用者が増えているのです。
ただ個人輸入はトラブルも起こっているため、利用する場合は信頼のおける業者を利用することが重要となります。