• ホーム
  • まつげ育毛剤のケアプロストの使い方はこうやってマスターしよう!

まつげ育毛剤のケアプロストの使い方はこうやってマスターしよう!

2020年06月08日
笑顔の女性

現在個人輸入通販サイトなどを利用すれば、国内流通していない海外製の医薬品や化粧品なども気軽に注文して普段のケアに取り入れることが出来るようになっています。特に多くの方に人気が高くなっているのが、自まつ毛の育毛を行うことが出来るまつげ育毛剤の利用です。一般的にまつげ育毛剤とは医療機関で処方してもらう方法しかなかったのですが、個人輸入通販サイトを介することで個人でも手頃な価格で購入することが出来るようになりました。

現在日本でも人気が高いとされるまつげ育毛剤は、臨床試験などをきちんと行った上で販売されている先発医薬品であるルミガンやグラッシュビスタと呼ばれている育毛剤ですが、海外ではルミガンの後発医薬品として色々なメーカーが開発された育毛剤が販売されています。
その一つがケアプロストです。ケアプロストはルミガンのジェネリック医薬品ですが、ルミガンと同様に主成分にビマトプロストを使用しているので、基本的な使用方法や得られる育毛効果はほぼ同じなのに対して、ジェネリックなので価格を抑えて販売することが可能です。

しかし、まつげ育毛剤に慣れていない初心者からは、どのようにケアプロストを利用すればいいのかわからないという声も多いです。特に個人輸入通販サイトを利用して購入した場合は、必ず事前に正しい利用方法をマスターしてから使用し始めるようにしましょう。

ケアプロストは1日1回を目安に約2ヶ月使用することが出来る容量となっています。使い方は、使い捨てのアプリケーターを別途で用意し、就寝前に洗顔を済ませて肌を清潔にした状態で上まつ毛の根本部分にアイラインを引くように塗ります。慣れない人は薬剤をアプリケーターに付けすぎてしまったり、はみ出してしまうということも多いですが、そんなときはティッシュなどを利用して余分な薬剤を優しく拭き取れば問題ありません。しかし拭き取らずにそのまま放置してしまうと、色素沈着を起こして目元にシミが出来てしまう可能性があるので、ティッシュや綿棒で丁寧に拭き取ることが大切です。

ケアプロストは一度にたくさん塗ったからと言って効果がアップするわけではありません。そのため毎回決められた量を正しい使い方で塗ることがまつ毛育毛の近道となります。使用量は片目で約1滴なので、つけすぎに注意して毎日続けていくことが大切です。育毛効果が出るまでには人によって差がありますが、だいたい3~4ヶ月使用を続けることで育毛効果が出るといわれています。