ヤミ金の取立無料相談は法律事務所※解決したい、相談したい方

現在は貸金業法による厳しい罰則規定や金融庁による指導などによって、通常の消費者金融における取り立ては法律に基づいて行われるようになっています。しかし、それはあくまでも健全な登録業者のことであって、「闇金」と呼ばれるブラック業者は違法な取り立てを行うこともあります。

闇金の取り立てでは、夜中に訪問してきたり、何度も自宅に電話を掛けてきたり、親戚に返済を要求したり、勤務先に電話を掛けてきたりしますが、これらはすべて違法行為です。

闇金からの違法な取り立てを受けた場合は、まず相手の素性を調べることです。正規の業者であれば自治体から与えられた登録番号や日本貸金業協会の会員番号が必ずあります。それらの番号があった場合は、各自治体や日本貸金業協会に訴えれば、業者も事業ができなくなることを恐れて取り立てはすぐに止みます。

また、相手が未登録の「モグリ業者」の場合は警察に被害届を出すことです。警察には「民事不介入」という原則があるため、金銭貸借における取り立てを止めさせることはできませんが、違法な取り立てで被害を受けた場合は刑事事件になります。違法な取り立ては2年以下の懲役、若しくは300万円以下の罰金、又はその両方という罰則があります。

なお、法律問題の支援団体である「法テラス」に依頼して、専門家を紹介してもらうのも得策です。法的な手段を取ると、違法な取り立てはすぐに止まるようになります。

-借金解決のために-

最適な手段を知る事
まずは無料・匿名でシミュレーションしてみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから

プロに相談する
⇒無料相談を受け付けている弁護士事務所