多重債務に陥らないためにはどうすればいい?※債務整理

多重債務で、もう返済が無理という状態になった場合に行なう債務整理の一つが、自己破産です。
借金が増えても、最終的に自己破産をすれば、借金返済の義務がなくなるから、問題ないと、気軽に考える人もいるでしょう。
ですが、自己破産というのは、借金返済の義務がなくなる代わりに、様々なデメリットもある方法で、よく考えて行なう事が大切です。
破産宣告後のデメリットで大きなものは、生活の制限です。
弁護士や税理士、警備員他、いくつかの職業は、破産宣告後、数ヶ月、就く事ができません。
破産宣告を行うと、家や車等の財産を失うだけでなく、現金や預金は、必要最低限しか手元に残らない事になるので、仕事ができないのは大きなデメリットとなります。
一般的な職業の場合、自己破産により解雇になる事はありません。
更に、自己破産は信用情報の大きな傷となる為、クレジットカードやローンの審査に5年から10年程度、通らない事になります。
そして破産宣告後、影響があるのは本人の生活のみではありません。
自己破産をしても、保証人や連帯保証人がいれば、残った借金は、そちらに請求がくる事になります。
保証人に請求が行く場合、一括請求となるので、その影響は小さなものではありません。
保証人や連帯保証人がいる場合、一緒に破産宣告をするか、自己破産以外の債務整理を選ぶ事が大切になってきます。
自己破産をすれば、借金の返済義務がなくなると、手軽に考えず、よく考えて手続きを行なう事が大切です。

-借金解決のために-

最適な手段を知る事
まずは無料・匿名でシミュレーションしてみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから

プロに相談する
⇒無料相談を受け付けている弁護士事務所