借金の取立に困っている※任意整理※債務整理の種類

借金の支払いが滞ってしまうとお金を借りている金融機関などから書面や電話連絡などがあり、返済計画の話し合いなどをするのが通常です。そこに違法性はありません。
しかし、これがいわゆるヤミ金業者が相手だった場合、借金の支払いが滞ると違法な取立行為が始まってしまいます。
違法な取立行為とは、例えば、大声を上げたり、乱暴な態度で債権者を威嚇をすることや債権者の家や勤務先に押しかけたり、近所に借金を返さないことを吹聴したり、債権者の知人に代わりに借金を支払うように強要することなどです。
債権者は借金をしているという負い目があるので、こうした取立行為を止めることがなかなかできないかもしれません。
また法律の知識がないためにこうした行為が違法であることを知らずに、ただ我慢をしているという人も少なくはないでしょう。
しかし、このような取立行為は違法ですので、実は簡単に止めることが出来ます。
違法な取立行為を止めるもっとも簡単な方法は、弁護士や行政書士といった法律の専門家に相談をすることです。
自分で内容証明を送ったり、警察に相談をするなどの方法もありますが、その際には違法な取立が行われたという証拠を揃える必要があるため、素人には少し難しくなってしまいます。
また内容証明などに不備があった場合、逆に事態が悪くなってしまうことも考えられますので、無理をせずに法律の専門家を頼ることがベストなのです。
現在は無料での相談を受け付けている法律事務所も少なくないため、費用が気になる場合はそうしたところにまず相談をしてみるとよいでしょう。

-借金解決のために-

最適な手段を知る事
まずは無料・匿名でシミュレーションしてみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから

プロに相談する
⇒無料相談を受け付けている弁護士事務所