借金と返済方法のガイド!!※法律事務所の選び方

自転車操業というのは借金の返済のために借金をすることで、途中で止まることが出来なくなった状態のことですが、この場合どうにかして自転車操業状態を食い止める必要があります。
これが企業などであれば、上手に借金をして資金を回転させていくという意味で自転車操業も必ずしも悪いことではありませんが、それだけリスクの高い方法でもあります。
そして、これがましてや個人の借金という場合には、大きなお金を生み出す可能性の少ないものだけに、どうすることもできなくなる前に手を打っておく必要があるのです。
自転車操業から何とか抜け出すためには、まず何といっても謝金の返済額を減らすことにありますから少しでも元金を減らすことを考える必要があります。
そのためにはまず収入を増やして返済に充てる金額を増やすか、あるいは金利の低い金融機関からお金を借りて返済の額を減らすかということになります。
前者の場合は企業などが資金を回転させる意味で自転車操業を行っているのであれば、より多くの利益をうみだす可能性があるわけですから、それを考慮に入れて計画的に借金をしていくということができるのでこの方法をとることができます。
しかし、個人の場合は収入を増やすあてといってもなかなか難しいものですから、後者の返済額自体を減らすことを考える必要があるのです。
個人にとってはこのような方法を上手くとることができなかったりするため、そのような時には法律相談などを利用してアドバイスをもらうと良いでしょう。

-借金解決のために-

最適な手段を知る事
まずは無料・匿名でシミュレーションしてみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから

プロに相談する
⇒無料相談を受け付けている弁護士事務所