借金踏み倒しを考えるについて※債務整理の種類・自己破産

借金は、5年で時効になります。
ですから、踏み倒し、5年間逃げ切れば、返済の義務がなくなると考える人もいるでしょう。
ですが、多重債務などになり、返済が大変な状況にあるのであれば、踏み倒して逃げる事を考えるよりも、弁護士や司法書士に相談をして、債務整理を考えるのがお勧めです。
踏み倒して逃げても、見つかれば、逃げていた期間の利息、延滞損害金等をまとめて請求される事になります。
逃げ始めた頃よりも、はるかに高額になっている状態で、返済をするのは大変です。
しかも、逃げている間は、借金など、信用情報に記載される行為は危険となる為、手持ちがなくなっても、お金を借りる事ができないという状況になり、より追い詰められる可能性もあります。
ですから、踏み倒すというのは危険が大きくなるばかりで、良い事はひとつもありません。
危険を冒して踏み倒しを考えるのであれば、まずは弁護士や司法書士に、現在の借金の状態を相談してみましょう。
任意整理や個人再生を行えば、月々の返済額を減らす事が出来ます。
自己破産を行えば、財産は失いますが、借金の返済義務がなくなります。
債務整理を考えれば、踏み倒して、逃げ続ける事を考えるよりも、早くしっかりと借金問題を解決していく事が出来ます。
ですから、逃げれば返済をしなくても良いと考える事はお勧めできません。
悩んだら、まずは弁護士事務所等の無料相談を利用し、今できる最良の方法を考えていく事がお勧めです。

-借金解決のために-

最適な手段を知る事
まずは無料・匿名でシミュレーションしてみましょう。


プロに相談する
⇒無料相談を受け付けている弁護士事務所