債務整理したら連帯保証人は?※手続き流れ完全がガイド

金融機関から借入れをする際に、連帯保証人が必要になることがあります。連帯保証人というのは、万一、債務者が借金を返済できなくなった場合、債務者に代わって借金を返済する義務を負う人のことを言います。連帯保証人はそれを拒否することができません。したがって、債務者は連帯保証人に迷惑をかけないためにも、借金はきちんと返済しなければなりません。

しかし、債務者が借金の返済をできなくなる事態に陥ることもあります。そうなると、債務整理を行い、少しでも返済額を減額してもらう手続きを行わざるを得なくなります。任意整理で乗り切れるのであれば、それほど問題はないのですが、個人再生や自己破産をしなければいけなくなった場合は、債務者が支払いきれなくなった分を、連帯保証人に求められることになります。

他人の借金を負う羽目になるというのは大変なことです。中には、その借金を肩代わりできず、連帯保証人になった人が債務整理に追い込まれてしまうケースもあります。そして、その債務整理によって、人生も大きく狂わされてしまうことでしょう。そのようなことにならないためにも、連帯保証人を頼まれたとしても、簡単に返事をしないことが大切です。そして、万一の場合その人の借金を背負うことになる可能性があるということをよく考えてから返事をすることが重要です。借金を背負うことができない、あるいは背負いたくないと思う場合は、可哀そうでも断らなければなりません。

-借金解決のために-

最適な手段を知る事
まずは無料・匿名でシミュレーションしてみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから

プロに相談する
⇒無料相談を受け付けている弁護士事務所