任意整理して新しいスタートその後について※体験談について

銀行や消費者金融業者などから借金をしたときに、返済しなければならない金額が大きくなってしまって、支払いが不可能になってしまったときには法的に解決しなければならなくなります。
任意整理などの法的な手段を使うことで、借金問題を解決できる可能性があり、任意整理は弁護士などに依頼することで借り入れを行っている金融業者と裁判所を通さないで直接的に話し合いをする手続きとなります。
任意整理では金融業者と交渉を行って、将来の金利を付けないようにすることや、借金額を減らす和解案を締結することで手続き完了後において、3年ほどの分割払いで完済できるようにします。
任意整理の手続きは財産を保持しながら借金問題を解決に導ける手段としてメリットの大きいものですが、手続き後にデメリットもあります。
任意整理の手続きを行うことで、その後のデメリットとして住宅ローンや自動車ローンなどについて一定の期間審査に通りにくくなるために組めなくなりますし、消費者金融業者などのカードローンについても借り入れができなくなります。
任意整理などの債務整理の手続きを行うことで金融業者が共通して情報を交換している信用情報機関において、ブラックリストとして登録されることになりますので、金融業者から新規に借り入れを行うときには申し込みの段階で審査を受けることとなり、そのときに任意整理などの手続きを行った経験のあることが確認されますので、審査を通ることができなくなります。

-借金解決のために-

最適な手段を知る事
まずは無料・匿名でシミュレーションしてみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから

プロに相談する
⇒無料相談を受け付けている弁護士事務所