任意整理の仕方|手続き/流れ/期間|任意整理まとめ※必読

自己破産などの債務整理は裁判所に申し立てを行いますが、任意整理は直接弁護士や司法書士が債権者と和解交渉を行う債務整理です。
自分でも任意整理で借金を整理する事は可能ですが、債権者と交渉しなければいけない為、はやり弁護士や司法書士に依頼した方がスムーズに、
借金を整理できるでしょう。

任意整理を行う時は、まず債権者に受任通知を送ります。
受任通知は債権者にこれから任意整理する事を伝える目的と、過去の取引明細を送ってもらう目的とがあります。
受任通知を送付し債権者から取引履歴などが送られて来たら、引き直し計算を行います。

任意整理は、この引き直し計算により算出された額まで、借金を減らす事を目的とした債務整理です。
一般的に支払期間が長ければ長い程、借金の総額は減額されると言われていますよ。

引き直し計算が終わったら、算出された額を元に債権者と和解交渉を行います。
すぐに債権者が和解交渉に応じてくれた場合、素早く借金を整理できますが、もし債権者との話し合いが難航してしまうと、その分任意整理の成立にまで
時間がかかってしまいます。

無事に債権者と交渉が締結したら、和解契約書通りに借金を返済していき任意整理は成立です。
受任通知の送付から、ここまでにかかる期間は任意整理の場合、平均して約3か月から半年ほどと言われています。

-借金解決のために-

最適な手段を知る事
まずは無料・匿名でシミュレーションしてみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから

プロに相談する
⇒無料相談を受け付けている弁護士事務所