任意整理と完済後のことについて※メリット・デメリットは?

債務整理の中で多い問題には自動車ローンがありますが、銀行融資を利用したローン以外はほとんどが信販会社の名義となっています。車検証の記載を見れば分かりますが、信販会社が所有者となり購入者は使用者と記載されています。任意整理では信販会社の自動車ローンも対象となってしまうため、そのまま手続きに入ると信販会社が車を引き取る形となります。信販会社は車を処分して損失を補填するため、自動車ローンの返済途中で任意整理を行うと車を失う確率が高くなります。任意整理では全てを整理するのではなく、整理する業者を選ぶことが可能ですから自動車ローンを利用している金融業者だけを除外することも可能です。しかし返済が苦しいことで任意整理を行うわけですから、債務整理による返済と自動車ローンの返済を同時に行っていく必要があります。任意整理は返済を続けていくことが前提のため、交渉により減額された借入金を3年間で支払っていきます。楽な返済となることはほとんどありませんので、同時に自動車ローンも整理してしまったほうが返済を確実にできるといえます。車は生活に密接している場合がありますので簡単には手放せませんが、任意整理によって借金を完済することに重点を置いたほうが良いのです。完済後一定の年数が経てば自動車を購入することも可能ですから、完済を目指して最低限の生活をしたほうが懸命だと言えます。他の方法では車を残すことは困難ですかか、車が必要な人は任意整理を選択することになります。

-借金解決のために-

最適な手段を知る事
まずは無料・匿名でシミュレーションしてみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから

プロに相談する
⇒無料相談を受け付けている弁護士事務所