任意整理について官報に載る?※不安なら無料相談へ

金融業者から多くの借金を背負ってしまって、収入だけでは毎月の返済額が大きくて支払いができないときには任意整理などの手続きを行うことで、借金額を減額したり、金利分の支払いを行わないようにすることができます。
任意整理の手続きを行うことで、住宅や自動車などの大きな財産を手放すことなく保持したままで、借金問題を解決できる可能性があります。
借金問題を解決する方法としては自己破産などの債務整理の方法もありますが、自己破産の場合には裁判所を通して手続きを行いますので、手続きを完了した後に官報などに掲載されてしまうことで、第三者に対して公表される手続きとなりますが、任意整理の場合には裁判所を経由しませんので官報に載せられることもなく、手続き完了後も第三者に知られる心配はありません。
弁護士などに相談することで、弁護士のほうから金融業者に通知を送ってもらえますので、依頼した後はすぐに取り立てを止めさせることが可能となり精神的にも楽になります。
任意整理の特徴としては金融業者ごとに交渉を行うことで柔軟な内容で和解交渉を行うことが可能で、必要なローンを残すこともできます。
自己破産などの債務整理の手続きと比較するとデメリットの少ない手続きということができて、任意整理の手続き完了後には、5年ほどはクレジットカードや消費者金融からの借り入れが制限されるデメリットがあります。
任意整理の手続きを行うことで金融業者からの借り入れの審査で調べられることになりますので、任意整理後の5年ほどは新規の借り入れができなくなります。

-借金解決のために-

最適な手段を知る事
まずは無料・匿名でシミュレーションしてみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから

プロに相談する
⇒無料相談を受け付けている弁護士事務所