任意整理の保証人を立てる※債務整理の悩みは無料相談で

基本的に保証人が必要な金融商品からお金を借りている場合、その借金を債務整理することになると保証人へは迷惑がかかります。自分が返済できないことで保証してくれている人へ返済義務が移りますが、債務整理をして借金を片付けるとき、自分が債務整理をしても保証人には関係がない話になることがあります。しかし、任意整理の場合なら整理する借金を選ぶことができるので、カードローンなど無担保無保証から借りている借金だけを任意整理して、住宅ローンなど保証人がある借金はそのまま返済していくという選択肢を持てます。これによって任意整理なら保証人のことを考えながら借金を整理することができるので、状況によっては他の債務整理を利用するよりも任意整理を利用するほうがメリットになることがあります。逆に保証人が付いている借金を任意整理した場合、それは保証してくれている人が借金を背負う形になるので、その人が返済できないならその人も債務整理しなければなりません。このように借金を債務整理するときは基本的に保証してくれている人がいるかどうかで、選ぶべき選択肢が変わってきますし、しっかりと相談をしながらどのような債務整理が一番良い選択なのかを考えなければなりません。任意整理をするときは弁護士にしっかりと相談をしてアドバイスをもらうこと、そして保証人と連絡を取り合ってどのような解決が望ましいのかを話し合うことが非常に重要なので覚えておきましょう。

-借金解決のために-

最適な手段を知る事
まずは無料・匿名でシミュレーションしてみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから

プロに相談する
⇒無料相談を受け付けている弁護士事務所