任意整理したら返済額はどうかわる?|任意整理まとめ※必読

任意整理は裁判所の仲介不要で、弁護士などの代理人が直接債権先と債務減額の交渉をする事で、主に借金契約した際に取り決めた利息をカットして借金額を減らし、支払い期間を一括ではなく三年間の月々払いに軽減する事を言います。
任意整理で減額できる額は、借金した時に上乗せされた利息額に掛かっていると言って良いでしょう。
例えば、貸金業者で5年以上の取引を続けていた場合に、国が定める最高18%の利息を超えて過去に支払っている履歴がある時に、過払い分を借金弁済の一部に充てる事が可能です。
更に、利息の過払い分で借金全てを完済できたなら、残りの過払い金が手元に戻ってくる可能性もあり得ます。
但し少額での借り入れ数万円のみでは、利息をカットして任意整理しても、大した効力はなく、さほど借金を減額できたという実感を味わえないでしょう。
つまり100万円単位などの比較的高額な借金の時に、月々の返済明細における利息の割合は大きくなるので、その際に利息の将来カットを約束すれば、任意整理で借金総額をグッと減額できるわけです。
もし長年、消費者金融などを利用していて利息が膨らんで借金返済が困難になりつつある人は、まずは任意整理で借金が確実に減らせるのか早めに弁護士に相談してみましょう。
また任意整理で返済する場合、月々どの位の額で弁済が可能か、債務者の収入状況と照らし合わせて弁護士と最善の債務整理の方法を検討していくのが一番です。

-借金解決のために-

最適な手段を知る事
まずは無料・匿名でシミュレーションしてみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから

プロに相談する
⇒無料相談を受け付けている弁護士事務所