任意整理後カード会社・銀行・消費者金融※無料相談

消費者金融業者のカードローンを利用して借金がかさんだときや、信販会社のクレジットカードを複数作ったことで毎月の支払い金額が膨らんでしまって、返済ができなくなるケースがあります。
クレジットカードやその他のカードローンによる借金が膨らんで返済不能に陥ったときには、弁護士などに依頼することで任意整理の方法で解決することが可能です。
任意整理は債務者に代わって弁護士などが代理人となり、クレジットカード会社などに交渉を行うことで、高い金利分の計算をし直すことで借金の金額を明らかにして、返済計画を立てる手続きとなります。
任意整理では弁護士が貸金業者と交渉を行うことで、払い過ぎている利息分を明らかにしたり、利息について0%にする和解交渉を行うことで利息部分を支払わない契約にすることや、支払っている金額が元本を超えるケースにおいてはそれ以上の借金の返済を行わなくて済むようにできます。
任意整理は自己破産とは違って、財産を失うことなく借金の整理を法律的に行える方法ですが、多少のデメリットもあります。
任意整理を行うことで信用情報機関において登録がされますので、信販会社や消費者金融業者の借り入れの申し込みを行ったときには、審査によって確認されることになります。
審査の過程で過去に任意整理の手続きを行ったことがわかりますので、手続き後の一定期間においては新規のクレジットカードなどを作ることは難しくなると考えておいたほうが良いでしょう。

-借金解決のために-

最適な手段を知る事
まずは無料・匿名でシミュレーションしてみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから

プロに相談する
⇒無料相談を受け付けている弁護士事務所