任意整理後のクレジットカードについて|任意整理まとめ※必読

任意整理とは弁護士が代理人となり、裁判所等の公的機関を利用せず消費者金融やクレジット会社と交渉を行い返済方法を決めて和解をしていくことです。
任意整理を一度行ってしまうと暫くはクレジットカードを持つことはできません。
基本的に業者と和解をしてから5年は持てないと思ってください。
なぜなら、CICとJICCは5年間はブラック情報が載るからです。
あくまで延滞や滞納などの支払いが滞ることがなかった場合に限るので、もしも和解後1度でも遅れてしまうと異動情報が発生することになります。
そうなると、もっとクレジットが持てない期間は自動的に増えてしまうことになります。
クレジットを申込みするとクレジット会社は個人信用機関のCICやJICC、全銀協に照会して判断の一つの材料にします。
クレジット会社はCICとJICCで判断している所が多いのですがやはり一部、全銀協を照会するクレジット会社もあります。
つまり、CICとJICCに照会して判断しているクレジット会社であればブラック情報が消えてなくなるとクレジットを発行してくれる会社も多いです。
おすすめとしてはクレジットを申込みする前にCICとJICCへ情報開示の手続きを行い、ブラックが情報がはっきり消えた確認をした上で申込みした方がいいと思います。

-借金解決のために-

最適な手段を知る事
まずは無料・匿名でシミュレーションしてみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから

プロに相談する
⇒無料相談を受け付けている弁護士事務所