任意整理最中の自動車ローンは大丈夫?無料相談こちら

借金問題に困った時の解決方法に債務整理があります。
債務整理には任意整理や個人再生、自己破産などいろいろな種類があります。
個人再生を行うと、自動車ローンの返済が終わっていれば自動車は残すことが出来ます。
しかし返済中の場合は自動車ローン会社が所有している形がほとんどなので失う可能性が高いです。
自己破産を行うと20万円以上の価値がある自動車の場合はご自身が所有していても失ってしまいます。
そんなときに通勤に使っている自動車を失うのでは困ると言う場合は任意整理を選ばれると良いです。
任意整理では債権者を選んで債務整理を進めることが可能です。
自動車ローンを返済しているローン会社は外して任意整理することで通勤に使わないといけない自動車を残すことが可能です。
連帯保証人の付いている借金も外すことで迷惑をかけずに済みます。
債権者と任意で交渉し和解されると将来利息のカットや3~5年程での分割返済に応じてもらえることが多いです。
今のまま無理して返済を続けているより、グッと生活が楽になります。
弁護士に任意整理を依頼した場合は債権者に受任通知を発送し取り立てをストップしてくれます。
任意整理では利息制限法に基づいて引き直し計算を行い、払い過ぎていた利息があれば返還されます。
払い過ぎていた利息が無い場合はあまり借金額が減額されない欠点があります。
任意整理では債務整理が出来ない場合は個人再生、個人再生では出来ない場合は自己破産を選ぶことになります。

-借金解決のために-

最適な手段を知る事
まずは無料・匿名でシミュレーションしてみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから

プロに相談する
⇒無料相談を受け付けている弁護士事務所