任意整理や任意売却についてのメリットについて※体験談

住宅ローンやその他の消費者金融業者などからの借り入れ金額が多額になっている人の場合には、毎月の返済金額が大きく膨れ上がって返済不能に陥る人もいらっしゃいます。
住宅ローンの支払いが滞ってしまうと、競売にかけられることで不動産を手放さなければならなくなります。
住宅ローンの支払いやその他の金融業者からの借り入れによって返済していくことが困難になったときには、債権者による申し立てによって競売される流れとなりますが、そうなる前にそれぞれの金融業者と合意を行うことで有利な条件で任意売却することもできます。
任意売却とは第三者が買い主を確保することによって、それぞれの金融業者と債務者との間に交渉に入ってもらうことで、競売手続きとは別の任意売却の手続きを進めていくことを言います。
住宅の購入のために金融機関においてローンを組むと、不動産に抵当権の担保権が設定されて、返済ができなくなったときには競売にかけられることになるわけですが、市場の価格よりも下回ってしまうことが考えられますので、任意売却を行うことで売却代金を大きくすることができます。
任意整理とは住宅ローンに限らず、様々なローンや借り入れを行っているケースに行える手続きとなっていて、任意整理の手続きを行うことで返済可能な金額に借金額を減らしてもらうことができます。
任意整理によって減らされた借金額について、一定の期間で分割払いを行って完済していく手続きとなります。

-借金解決のために-

最適な手段を知る事
まずは無料・匿名でシミュレーションしてみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから

プロに相談する
⇒無料相談を受け付けている弁護士事務所