任意整理とは?

任意整理とは裁判所は通さずに将来利息のカットや、
現在よりも楽な月々の返済額を目指して債権者と任意交渉して応じてもらう手続きの事です。
もっとしりたい任意整理について

 

利息制限法の引き直し計算を行い、利息制限法を超える利息で借りていたことがあれば、払い過ぎていた分が戻ってきます。
借金の返済は3年から5年で無理なく返済できるようにしてもらえます。
債務整理の手続きの中で一番よく利用されているのが任意整理です。
一部の債権者だけを選んで任意整理することも可能で、
たとえば連帯保証人をたてている債務があればそれを外すことで、連帯保証人に請求が行ってしまうのを防げます。
自己破産や個人再生ではこのような事ができません。
ブラックリストに掲載されて約5年間は新規借入が困難になる、
自己破産や個人再生よりは借金の減額効果が低い、
債権者が任意整理に応じてくれない場合があるなどのデメリットがあります。
ブラックリストに掲載されるのは自己破産や個人再生も同様です。
自己破産や個人再生は裁判所を通す手続きですが、
任意整理は裁判所に提出する書類が不要なので、比較的簡単な手続きです。
しかし債権者と直接交渉するのは困難です。
交渉力のある弁護士にお任せしたほうが良いでしょう。
任意整理も個人再生も自己破産も、弁護士に依頼した時点で債権者は取り立てが出来なくなります。

任意整理とは?【無料相談が出来る弁護士事務所まとめ】記事一覧

借金解決の手続きとして任意整理を選択した場合のデメリットはあるのでしょうか。借金解決方法としては手段は4つあります。その4つの中でもっともリスクが低いのが実は任意整理です。ですから任意整理を借金解決手段として選択する人は約50~60%です。リスクが低いとはいえ任意整理にもデメリットはあります。任意整理には大きく分けて2つのデメリットがあります。まず1つめは新しくお金を借りることができなくなります。...

任意整理とは弁護士が代理人となり、裁判所等の公的機関を利用せず消費者金融やクレジット会社と交渉を行い返済方法を決めて和解をしていくことです。任意整理を一度行ってしまうと暫くはクレジットカードを持つことはできません。基本的に業者と和解をしてから5年は持てないと思ってください。なぜなら、CICとJICCは5年間はブラック情報が載るからです。あくまで延滞や滞納などの支払いが滞ることがなかった場合に限るの...

自己破産などの債務整理は裁判所に申し立てを行いますが、任意整理は直接弁護士や司法書士が債権者と和解交渉を行う債務整理です。自分でも任意整理で借金を整理する事は可能ですが、債権者と交渉しなければいけない為、はやり弁護士や司法書士に依頼した方がスムーズに、借金を整理できるでしょう。任意整理を行う時は、まず債権者に受任通知を送ります。受任通知は債権者にこれから任意整理する事を伝える目的と、過去の取引明細...

任意整理は裁判所の仲介不要で、弁護士などの代理人が直接債権先と債務減額の交渉をする事で、主に借金契約した際に取り決めた利息をカットして借金額を減らし、支払い期間を一括ではなく三年間の月々払いに軽減する事を言います。任意整理で減額できる額は、借金した時に上乗せされた利息額に掛かっていると言って良いでしょう。例えば、貸金業者で5年以上の取引を続けていた場合に、国が定める最高18%の利息を超えて過去に支...

住宅ローンやカードの支払いなど、多額の借金を抱えていながら払えないという状況になってしまうこともあります。そのような場合、只競売になるのを待つのではなく、債務整理手続きを検討しなければならないでしよう。債務整理手続きには、簡易裁判所で、調停委員が債権者と債務者の間に入って弁済計画を協議する①特定調停、地方裁判所を介して、債務を減らし、残こりを分割で支払っていく法的手続き②個人再生、自己資産を全部処...

毎月借金の返済を行っているけれど、利息分を支払うだけで精いっぱいで、元本がなかなか減らないという借金の悩みを、抱えている方も少なくありません。このような借金の悩みを解決したいなら、債務整理を利用しましょう。債務整理とは借金を整理できる、制度で借金問題を大きく解決してくれます。債務整理といえば自己破産というイメージもあり、なかなか利用できないと考える方も多いようです。確かに自己破産は借金の支払い義務...

金融業者から多くの借金を背負ってしまって、収入だけでは毎月の返済額が大きくて支払いができないときには任意整理などの手続きを行うことで、借金額を減額したり、金利分の支払いを行わないようにすることができます。任意整理の手続きを行うことで、住宅や自動車などの大きな財産を手放すことなく保持したままで、借金問題を解決できる可能性があります。借金問題を解決する方法としては自己破産などの債務整理の方法もあります...

任意整理というのは、債務整理の中でも裁判所を省略して債権者との直接交渉で借金を減らす手法になるので、まず裁判所に納める万単位の上納金が不要になります。任意整理の時に発生するコストは、主に弁護士や司法書士を雇った時に支払う着手金や成功報酬等になり、最初の相談料は原則無料としている事務所が多いです。もし弁護士に任意整理手続きを依頼した時は、債権先一件につき約2万5000円程度の着手金が必要になりますが...

現金に関する問題を抱えている人は多いです。子供教育費を払わなければいけない人や翌月までの生活費が必要な人など、緊急でお金が必要な場合があります。そういったときには、企業と正式に契約をすることで、金銭的なやりとりを行いましょう。利用者の好きなタイミングで借り入れを行ったり、利用限度額の範囲内で融資と返済ができます。利用方法を熟知すれば、便利なサービスです。ひとつの会社だけでなく、複数の会社から借り入...

銀行や消費者金融業者などから借金をしたときに、返済しなければならない金額が大きくなってしまって、支払いが不可能になってしまったときには法的に解決しなければならなくなります。任意整理などの法的な手段を使うことで、借金問題を解決できる可能性があり、任意整理は弁護士などに依頼することで借り入れを行っている金融業者と裁判所を通さないで直接的に話し合いをする手続きとなります。任意整理では金融業者と交渉を行っ...

債務整理の中で多い問題には自動車ローンがありますが、銀行融資を利用したローン以外はほとんどが信販会社の名義となっています。車検証の記載を見れば分かりますが、信販会社が所有者となり購入者は使用者と記載されています。任意整理では信販会社の自動車ローンも対象となってしまうため、そのまま手続きに入ると信販会社が車を引き取る形となります。信販会社は車を処分して損失を補填するため、自動車ローンの返済途中で任意...

任意整理の条件となるのは3年を目安に和解案に示された債務を支払い続ける収入があることです。ただ、収入があるだけでなく、安定した収入が条件となります。任意整理は過払い状態になっている利息分を元金に入れることで債務を減らす方法ですが、必ずしも大幅に減額ができる、ラクになるとは言えない方法です。任意整理を行ったとはいえ、債務は残ります。整理前の借金と比べると減るのは確実ですが、支払い計画と家計の見直しも...

住宅ローンやその他の消費者金融業者などからの借り入れ金額が多額になっている人の場合には、毎月の返済金額が大きく膨れ上がって返済不能に陥る人もいらっしゃいます。住宅ローンの支払いが滞ってしまうと、競売にかけられることで不動産を手放さなければならなくなります。住宅ローンの支払いやその他の金融業者からの借り入れによって返済していくことが困難になったときには、債権者による申し立てによって競売される流れとな...

消費者金融業者のカードローンを利用して借金がかさんだときや、信販会社のクレジットカードを複数作ったことで毎月の支払い金額が膨らんでしまって、返済ができなくなるケースがあります。クレジットカードやその他のカードローンによる借金が膨らんで返済不能に陥ったときには、弁護士などに依頼することで任意整理の方法で解決することが可能です。任意整理は債務者に代わって弁護士などが代理人となり、クレジットカード会社な...

任意整理では、払っている金利を免除してもらうことにより、返済もしやすくなってくるのですが、手続き後にブラックリストに入れられてしまうなどデメリットも出てくることになります。デメリットを感じることなく、金利や支払額を減らしていきたいときには、過払い請求を行ってみるとよいでしょう。長く借金を返済している方の場合、余計な金利を払っている可能性が高くなっているのです。法的に決められている以上の金利を過去に...

基本的に保証人が必要な金融商品からお金を借りている場合、その借金を債務整理することになると保証人へは迷惑がかかります。自分が返済できないことで保証してくれている人へ返済義務が移りますが、債務整理をして借金を片付けるとき、自分が債務整理をしても保証人には関係がない話になることがあります。しかし、任意整理の場合なら整理する借金を選ぶことができるので、カードローンなど無担保無保証から借りている借金だけを...

借金問題に困った時の解決方法に債務整理があります。債務整理には任意整理や個人再生、自己破産などいろいろな種類があります。個人再生を行うと、自動車ローンの返済が終わっていれば自動車は残すことが出来ます。しかし返済中の場合は自動車ローン会社が所有している形がほとんどなので失う可能性が高いです。自己破産を行うと20万円以上の価値がある自動車の場合はご自身が所有していても失ってしまいます。そんなときに通勤...