債務整理後の住宅ローンについて

借金をしてしまい返済に困っているので、債務整理を考えているという方も多いのではないでしょうか?
債務整理と言えば自己破産というイメージがありますが、今は自己破産以外にも個人再生や任意整理といった方法でも、借金を整理する事ができます。
ですので、まずは借金の悩みをそのまま放置せず、弁護士などに相談する事がお勧めです。

債務整理を行う事で、督促も止まるという事で金銭的な面だけでなく、精神面でも負担が軽くなるという点がメリットと言えるでしょう。
しかし、メリットもあればデメリットもあるので、その点は考慮して債務整理を行う必要があります。

債務整理のデメリットとして、よく挙げられるのが住宅ローンを組めなくなるという事です。
債務整理を行うと、ブラックリストに載ってしまうので住宅ローンをはじめとする、様々なローンを組めなくなってしまいます。
実際にブラックリストというリストが存在している訳ではないのですが、クレジットカードを作ったりローンを組むと、信用情報機関にその情報が記載されます。
この情報こそが、ブラックリストの正体なのです。

信用情報機関には債務整理を行った事実も記載されるので、社会的な信用が失われローンを組む事ができなくなるのです。
一般的に自己破産と個人再生の場合7年から10年程度、任意整理の場合は5年程はローンを組む事ができません。

-借金解決のために-

最適な手段を知る事
まずは無料・匿名でシミュレーションしてみましょう。


プロに相談する
⇒無料相談を受け付けている弁護士事務所