個人再生して失敗した※自己破産/個人再生/任意整理

消費者金融のキャッシングローン、信販会社やマチ金などは簡単に借入することができますが、それゆえに気が付いたら利息が膨れ上がって返済のめどが立たなくなったというケースは多いものです。
こういった場合、債務整理を行うことで苦しまずに借金を返済することができますが、債務整理のひとつに個人再生という方法があります。
個人再生は保険や車、またマイホームを手放さずに借金の総額を大幅にカットして、返済の金額の負担を軽減できることがメリットなのですが、再生許可が下りたのにも関わらず失敗に至ってしまうケースもあります。
自己破産の場合ですと借金の返済は一切不要となるのですが、個人再生の場合は借金の総額をカットできるものの、原則として借金を3年で返済しなければなりません。
なので、借金を3年で返済することができなかった場合には個人再生に失敗して、自己破産を選ぶ方も多いのです。
加えて個人再生は安定した収入がなければ利用できない債務整理となっています。
個人再生は自分でも申し立てをすることは可能ですが、失敗しないためには専門知識を持っている弁護士や司法書士のアドバイスが必要不可欠となってきます。
作成しなければならない書類が多くあるために、法律の知識を持っていないと手間と時間がかかってきます。
誰でも個人再生が利用できるわけではないので、どのように手順を踏めば裁判所から許可が下りるかを熟知している専門家に相談することをおすすめします。

-借金解決のために-

最適な手段を知る事
まずは無料・匿名でシミュレーションしてみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから

プロに相談する
⇒無料相談を受け付けている弁護士事務所