個人再生と司法書士について※債務整理の種類は?

クレジットカードやカードローンなどの借金について、返せなくなる場合がよくあります。期日までに返済が出来なければ、その負担は利息が増えたりあるいは職場や自宅に督促の電話などがかかってきたりして、生活が滅茶苦茶になるケースも出てきてしまいます。
こうしたときに、法律で借金を整理する方法が定められています。法的な債務整理の方法もあれば裁判所を通さずにする方法もありますが、いずれにしても、相応の覚悟が必要になってきます。特に裁判所に申し立てる個人再生とは、弁護士や司法書士への委任を行うなどの行動が必要になってきますし、弁護士や司法書士にもよりますがその費用もばかになりません。依頼料、成功報酬で30万円程度はかかることは覚悟しておくべきでしょう。
個人再生とは、そもそも裁判所に借金を減額してほしいという申し立てを行うことです。借金の総額を5分の1に減額して、その5分の1に減額した額を3年間で返済していくという方法になりますので、この個人再生とは利用するためには条件が付されています。
毎月一定の給料収入等があり、その中から返済をしても残りのお金で生活ができることが条件ですので、裁判所に再生計画を提出し、認可されなければなりません。裁判所に対しての申し立て費用は数万円程度ですが、弁護士や司法書士などの事務手数料などのこまごまとした費用も発生しますし、ある程度申し立て時に制度そのものとかかる費用について、依頼先に相談することが望ましいでしょう。

-借金解決のために-

最適な手段を知る事
まずは無料・匿名でシミュレーションしてみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから

プロに相談する
⇒無料相談を受け付けている弁護士事務所