個人再生したら車は?※債務整理の種類について無料相談

個人再生というのは借金を大きく減額する方法ですが、財産を残すことが出来るというメリットがあります。この方法さえ使えば基本的に車を処分する必要はありません。処分しなければならないのは自己破産の場合であり、車を残すための方法が個人再生であると考えてください。
基本的に個人再生は大幅な借金減額はするものの、住宅や車、金品といった財産を処分する必要性はありません。従ってそのまま残しておくことが可能となります。車というのは生活に必要な物ですから、残っていないと苦しい生活を強いられることもあります。自己破産ならすぐに楽な状態に持っていけますが、こうした負担を強いるため結構辛い状態となりがちです。そのため車を残しておきたい方は自己破産ではなく個人再生を行うべきです。

弁護士からも説明があると思いますが、個人再生なら借金を残す代わりに財産処分の対象になりません。そのため高いものをいくつか残している状態であれば、基本的に処分しない方法である個人再生がお薦めです。ただあまりにも高額な物が残っており、返済に充てられる物は処分して早々に返済した方がいいでしょう。車は最低限だけ残し、沢山持っているなら売却するなどの措置は必要となります。

-借金解決のために-

最適な手段を知る事
まずは無料・匿名でシミュレーションしてみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから

プロに相談する
⇒無料相談を受け付けている弁護士事務所