個人再生はどのくらい期間?※任意整理、債務整理種類

債務整理の個人再生をすると、クレジットカードを作ることはできません。
クレジットカードを作ることができない原因は、個人再生をするとブラックリストに登録されるからです。
ブラックリストに登録されるとローンなどを組めなくなるので、申し込みをすると落とされてしまうのです。
クレジットカードを作れない期間は、個人再生をしてから5年から7年ほどと言われています。
最低5年は作ることができませんから、不便な生活を強いられるでしょう。
すでにクレジットカードを持っていて作るつもりがない人は、この悪影響は関係ないと思うかもしれません。
しかし、個人再生をするとすでに所有しているクレジットカードを使えなくなるので、不便な生活になることは同じです。
作れないだけではなく使えなくもなるので、個人再生をした全員が悪影響を受けることになるのです。
現在の世の中では、クレジットカードを使うことができないと非常に不便です。
公共料金や携帯電話の支払いにも使えなくなりますし、ショッピングにも使えないので、いつも現金を持ち歩かなければいけません。
こうした不便な生活を回避するためには、デビットカードが役立ちます。
デビットカードは、クレジットカードと違って審査がありません。
そのため、個人再生をしてブラックリストに登録されていても、所有して使うことができます。
個人再生後に料金お支払いなどで不便を感じる場面が多いなら、デビットカードを作りましょう。

-借金解決のために-

最適な手段を知る事
まずは無料・匿名でシミュレーションしてみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから

プロに相談する
⇒無料相談を受け付けている弁護士事務所