個人再生計画案の作成について※困ったら無料相談

個人再生とは、借金を5分の1程度にまで減らす事が出来る債務整理の種類です。再生という名前が示すように、破産ではなく返済によりもう一度出直したいという人に向けられた内容です。このために、計画が明確である事が重要であり、裁判所に個人再生計画案を提出しなくてはなりません。これが許可される事により、借金を減額する事が可能となります。

個人再生は、返済するだけの経済力と意思とが問われる債務整理です。このために、現在の経済状況と今後の返済プランとを個人再生計画案には明記しなければなりません。個人再生計画案は、裁判所だけが納得すれば良いというわけではありません。借金は債権者に返済するので、債権者が了解できる内容である事が必要となります。

個人再生は、大幅に減額させた借金を将来利息をカットした上で3年間かけて完済するという事が基本的な内容です。破産に準ずる経済状態にある事と共に、借金総額が返済できる範囲内である事と将来的な継続した収入を得ている事が条件となります。

返済期間は5年程度まで延長するケースもありますが、いずれにせよ決められた金額については完済しなくてはなりません。それを出来る能力を裁判所がお墨付きを与えるのが、再生許可の決定です。公的な認定を受ける事になるので、正確な内容である事共に無理のない計画である事が必要となります。

個人再生計画案は自分でも作成する事は可能ですが、弁護士や司法書士等の法律の専門家に依頼するのが一般的です。不許可とならないためには、十分な注意が必要となります。

-借金解決のために-

最適な手段を知る事
まずは無料・匿名でシミュレーションしてみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから

プロに相談する
⇒無料相談を受け付けている弁護士事務所