個人再生から自己破産する場合|個人再生まとめ※必読

借金の返済に困っているけれど、自己破産はしたくないと考える方が多いそうです。
自己破産はそれまでの借金返済義務が無くなり、実質的に借金がゼロになる債務整理となっています。
ですので、借金問題を大きく解決できる一方、はやりデメリットやリスク、ペナルティーも他の債務整理より大きいので、その点からも自己破産を
避けたいという方が多いようですね。

自己破産はしたくないけれど多額の借金に困っているという場合、個人再生を検討してみてはいかがでしょう?
個人再生は自己破産のように借金をゼロには出来ませんが、大幅に借金の額を減らせますし、自己破産のように家などの財産を手放さなくても良いので
マイホームを持っている方にメリットのある債務整理とも言われています。

まずは初めから自己破産という選択ではなく、個人再生も検討してみる事をお勧めします。
しかし、個人再生で借金を整理したのにも関わらず、のちに自己破産してしまうケースもあるようです。

個人再生は減額した借金を、原則として3年間で完済しなければいけません。
ですので、もし3年で返済できなかった場合、自己破産で借金の問題を解決しなければいけない方も、出てきてしまうのです。
また個人再生は定期的に収入がある方のみ、適応される債務整理となっています。
個人再生で返済している途中で無職になってしまった場合、返済が出来なくなってしまうので、自己破産で借金を整理する方が多いようです。

-借金解決のために-

最適な手段を知る事
まずは無料・匿名でシミュレーションしてみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから

プロに相談する
⇒無料相談を受け付けている弁護士事務所