個人再生のあと住宅ローンどうなる?※無料相談はこちら

個人再生を相談しようと考える方は、この個人再生の意味を良く理解する必要があります。個人再生とは個人債務者再生手続きのことであり、2001年の4月から始まった新制度となるためにあまり認知されていないのが現状であります。そしてこの制度を活用しようとするならば一定の条件をクリアする必要があり、その条件とは住宅ローンなどを除いた債務の総額が5000万円以下でなおかつ一定収入の継続性の見込みがある場合に裁判所が認めるものであります。ちなみに具体的な数字で話を進めるならば、例えば500万円の借金を抱えている個人が、実際に収入に応じて返済可能であると考えられる額として200万円を3年かけて返済する計画を立てて裁判所にこの計画案を提示します。そして裁判所がこの計画を認めて、提出して債務者が計画通りに返済することができたならば残額の300万円に関しまして借金が免除されるというものであります。そしてこの個人再生の大きなメリットとして考えられるのは住宅ローン特別条項を活用することによりまして、マイホームを維持したまま借金の整理をすることが可能である点であります。この特別条項は住宅ローンが払い終わっていない状態におきまして、支払いが困難であると判断したときに利用できるものであり、支払いの繰り延べを可能とするものなのであります。かん違いしてはいけないのは、住宅ローンに関しましては債権カットは一切ない点と利息免除も得られない点であります。この制度を活用しようとするならば信頼のおける専門家に早く相談することを推奨します。もし相談をためらっておりますと、日ごとに債権額が増加してしまう恐れがあります。

-借金解決のために-

最適な手段を知る事
まずは無料・匿名でシミュレーションしてみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから

プロに相談する
⇒無料相談を受け付けている弁護士事務所