個人再生の保証人でお困りの方※債務整理は無料相談へ

現在の借金を1/5や1/10まで減額して貰い、その借金を3年程度かけて返済していくという債務整理法が、個人再生です。
借金返済をしていくだけの収入があり、現在、100万円以上の借金があるという人に有効な債務整理法です。
住宅ローンなどは、減額の対象にはなりませんが、一般の借金の返済額が減るだけでも毎月の生活は楽になり、住宅ローンなどの返済の余裕も出てくる事になります。
そして、住宅や車等の財産を手放す必要もありません。
ただ、そんな個人再生を行う際に、意識しておきたいのが保証人の存在です。
個人再生は、本人のみに有効な手段です。
本人の借金が減額されても、保証人には影響がありません。
ですから、借りた本人が個人再生をすると、保証人の方に一括請求が届く事になります。
その為、保証人がいる借金をしている場合など、気軽に債務整理を行わない事が大切です。
個人再生等の債務整理を行う際は、保証人にその事を話し、一括請求される金額を支払って貰うのであれば、その人に対して、今後の返済計画等を話しておく事が大切です。
自己破産等をする場合は、保証人も合わせて自己破産をするという方法もありますが、借金の請求は免れても、信用情報に傷がつく等のデメリットは受ける事になります。
個人再生等の債務整理を行う場合、保証人がいれば、そちらに迷惑がかかる事になります。
ですから、債務整理を考えた場合、そうした事も合わせて、弁護士や司法書士に相談する事が大切です。

-借金解決のために-

最適な手段を知る事
まずは無料・匿名でシミュレーションしてみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから

プロに相談する
⇒無料相談を受け付けている弁護士事務所