個人再生したら返済額はどうかわる?|個人再生まとめ※必読

個人再生は再生計画を裁判所に提出し、それが認められると再生計画に沿って借金が大幅に減額され、
その減額された借金を3年で、特別な事情がある時は5年で分割返済できる手続きです。
自己破産をされるとマイホームは差押えされてしまいますが、
個人再生では住宅ローン特則と呼ばれる制度を利用してマイホームを手放さずに債務整理が行えます。
その代りに住宅ローンは減額されずに、今まで通り返済することが必要です。
個人再生は再生計画が認められたときの最低弁済額は借金の総額によって変わります。
100万円未満の借金総額の場合は借金全額が最低弁済額です。
100万円以上500万円未満の場合は100万円、
500万円以上1500万円未満の場合は借金額の5分の1、
1500万円以上3000万円未満の場合は300万円、
3000万円以上5000万円以下の場合は借金額の10分の1
5000万円以上の場合は個人再生は利用できません。
1000万円の借金がある方は200万円まで借金が減額され、
それを3年で返済すればいいのですから、毎月5万5千円ほどの返済額です。
今までの返済額がかなり楽になります。
個人再生は減額された借金を返済できるだけの安定した収入が必要です。
それでも支払いできない時は自己破産しかありません。

-借金解決のために-

最適な手段を知る事
まずは無料・匿名でシミュレーションしてみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから

プロに相談する
⇒無料相談を受け付けている弁護士事務所