個人再生して減額について※無料相談が可能な事務所

借金が増え過ぎて、これ以上今の計画のままでは返済が無理な時に、個人再生を利用する方法もあります。
個人再生は裁判所に申し立てをした後、裁判所が認可すれば、住宅ローン以外の借金を5分の1、もしくは10分の1か、100万円まで減額できるというものです。その後、減額分を3年間で返済し終われば、残りの借金を帳消しにすることが可能です。
減額後の返済額は最低で100万円となっていますので、住宅ローンを除いた借金総額が500万円未満の場合は100万円を3年間で返済、500万円以上であれば借金総額の5分の1、3000万円以上なら10分の1の額を3年間で返済することになります。但し、住宅ローン以外の借金総額が5000万円を超えると、個人再生は利用できません。
個人再生では住宅ローンが対象外となるため、住宅ローンで購入した家に引き続き住むことができるのが大きな利点です。しかし、本来であれば返済の義務がある借金を大幅に減額してもらえる方法ですから、それなりに厳しい条件があります。
3年間で減額分を返済できる安定した収入がある、住宅を担保にして借金をしていないことが条件としてあります。また、個人再生を利用すると信用情報機関に俗にいうブラックとして知られてしまう可能性が高いため、ローンやキャッシングサービス、クレジット払いの申し込みが5~10年間できなくなることを理解しておく必要があります。
素人では手続きが大変難しいため、できる限り専門家へ相談や依頼することをおすすめします。

-借金解決のために-

最適な手段を知る事
まずは無料・匿名でシミュレーションしてみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから

プロに相談する
⇒無料相談を受け付けている弁護士事務所