個人再生クレジットカードの取得※無料相談ができる事務所

負債が大きくなってしまい、どうにもならなくなってしまった場合、個人再生をすることができます。
ですが、個人再生をするには問題があります。
それは、ある一定の収入が必要だということです。
ある程度一定の収入があることを前提としたうえで、個人再生を行うことになるからです。
また、そのスケジュールとしては、毎月一定額を支払い続けていくコースとなります。
なので、個人再生を申し立てた時点で、負債額を5分の1まで減額してもらい、残りの額を毎月一定額を支払い、3年で返済するというスケジュールとなっています。
ですが、途中で何らかの事情により、仕事ができなくなってしまうこともあるかと思います。
怪我や病気などによる長期入院などで、仕事ができなくなってしまった場合などですが、このスケジュール通りに返済できなくなってしまった場合など、特例として1度だけ期間を延長してもらうことができます。
そうなってしまった場合など、裁判所にそのことを申請して、許可が出た場合、本来は3年での返却スケジュールを見直し、最大5年での返却スケジュールへと変更することができます。
ですが、これらは特別な事情の下となるので、すべての人が変更できるわけではないので、注意が必要となります。
また、個人再生をしたとしても、今まで通り生活をしていくことができるので、問題はありません。
ですが、新規ローンやクレジットカードなどの申し込みで申請が通りにくくなるので、注意が必要です。

-借金解決のために-

最適な手段を知る事
まずは無料・匿名でシミュレーションしてみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから

プロに相談する
⇒無料相談を受け付けている弁護士事務所