個人再生とは?

個人再生とは?
債務整理の手段の1つに2001年より制度が開始した比較的新しい個人再生というものがあります。個人再生は、その他の債務整理に比べると条件や手続き等が複雑なため、利用率は債務整理の手段の中でもそれほど高くありません。
しかし、もし個人再生が利用できるという場合には、自己破産や任意整理などその他の債務整理よりも良い待遇で債務の返済が行える可能性がありますので、以下で詳しく確認していきましょう。

 

1.個人再生の概要
個人再生を行うことができる条件は、「将来的に継続して収入を得ることができ、かつ住宅ローンを除いた債務額が5000万円以下の人」となっています。
つまり、収入の見込みがなければ利用はできませんし、事業等で5000万円以上の借金を抱えている方も利用できないことになります。
そして、個人再生が認められた場合には、概ね現在の債務額の5分の4ほどが免責となり、残りを今後3年間以内に返済するというスケジュールを立てることになります。

 

2.メリット
個人再生の最大のメリットは、債務を5分の1ほどに減らすことができ、なおかつ自己破産のように住宅や自動車の手放しが必要ないという点です。
また、任意整理と異なり、減額の率は交渉ではなく裁判所が法律に則って決定するため、確実に決められた額を減額することができます。

 

3.デメリット
一方、デメリットは手続きが煩雑な点です。特に3年間以内に返済する計画を立てることが非常に難しく、個人で行うことはなかなか容易ではありません。そのため、個人再生を利用される場合には、多くの人が弁護士や司法書士に依頼をしています。

個人再生とは?【無料相談が出来る弁護士事務所まとめ】記事一覧

個人再生は再生計画を裁判所に提出し、それが認められると再生計画に沿って借金が大幅に減額され、その減額された借金を3年で、特別な事情がある時は5年で分割返済できる手続きです。自己破産をされるとマイホームは差押えされてしまいますが、個人再生では住宅ローン特則と呼ばれる制度を利用してマイホームを手放さずに債務整理が行えます。その代りに住宅ローンは減額されずに、今まで通り返済することが必要です。個人再生は...

債務整理の種類には色々なものがありますが、その中に個人再生法に則って行われる「個人再生」があります。そして、個人再生には「小規模個人再生」と「給与所得者等再生」があります。個人再生の特徴は住宅ローン特則という制度があり、住宅ローンは残したまま、その他のすべての債務を減額してもらえることです。従って、住宅を手放す必要はありませんが、住宅ローンの減額が一切無いため、再生中においても従来の金額を返済しな...

借金の返済に困っているけれど、自己破産はしたくないと考える方が多いそうです。自己破産はそれまでの借金返済義務が無くなり、実質的に借金がゼロになる債務整理となっています。ですので、借金問題を大きく解決できる一方、はやりデメリットやリスク、ペナルティーも他の債務整理より大きいので、その点からも自己破産を避けたいという方が多いようですね。自己破産はしたくないけれど多額の借金に困っているという場合、個人再...

"消費者金融業者などからの借り入れ金額が多額になったときには、債務整理の方法によって法律的に問題を解決することができます。債務整理の中には個人再生という方法があり、住宅などの財産を維持しながら貸金業者と交渉を行うことで借金の金額を減額することによって、再生可能な返済計画を立てて支払いを行っていく手続きとなります。個人再生の手続きについては法律事務所に相談することによって、弁護士などの専門家に依頼す...

近年、日本の不景気の状況は政府の様々な対策にあっても、なかなか上昇をすることはありません。また、増税などの影響から、ますます消費を抑えようとしている人が多いです。このような状況の中で、正規雇用等の正社員の求人が少なくなっている現状もあり、雇用の安定も急いでしなければいけないです。借金や生活に不安を感じている人が多い中で、自分の負債をこれ以上支払いする能力がないひとが、【個人再生】という方法で、自分...

個人再生は比較的新しい制度で、裁判所を通して今ある借金総額の一部を免除にしてもらい、残りを原則3年間で返済していくという救済措置です。ただし個人再生をする場合には債権者つまり貸金業者などのお金の貸主の同意も必要になります。もしこの債権者たちの反対が多数である場合は個人再生自体ができないことになってしまいます。自己破産などでは免責不許可事由というものが存在します。例えばギャンブルで作った借金であると...

個人再生は、破産のように借金がゼロになるわけではありません。しかし、自己破産は、お金にできる財産を持っている場合は差押えられて債権者への返済に回されてしまうので、家を失うことになります。しかし、個人再生は、500万円以上1500万円未満の借金の場合は、借金が5分の1まで減額され、我が家に住み続けることができます。しかし、個人再生するデメリットとして、自己破産と同じように、一定期間は官報に掲載されて...

個人再生とは裁判所に申請をしてどうしても返済しきれない借金の一部を免除する許可をもらい、残りを原則3年間かけて分割で支払っていくという制度です。これを行うためには債権者たちの同意も必要になります。公務員の場合、共済組合から借金をしているとなかなか個人再生するのが難しくなってきます。任意整理であれば共済組合での借金を避けて整理することができるのですが、個人再生ではそれはできないからです。そんな個人再...

クレジットカードやカードローンなどの借金について、返せなくなる場合がよくあります。期日までに返済が出来なければ、その負担は利息が増えたりあるいは職場や自宅に督促の電話などがかかってきたりして、生活が滅茶苦茶になるケースも出てきてしまいます。こうしたときに、法律で借金を整理する方法が定められています。法的な債務整理の方法もあれば裁判所を通さずにする方法もありますが、いずれにしても、相応の覚悟が必要に...

消費者金融のキャッシングローン、信販会社やマチ金などは簡単に借入することができますが、それゆえに気が付いたら利息が膨れ上がって返済のめどが立たなくなったというケースは多いものです。こういった場合、債務整理を行うことで苦しまずに借金を返済することができますが、債務整理のひとつに個人再生という方法があります。個人再生は保険や車、またマイホームを手放さずに借金の総額を大幅にカットして、返済の金額の負担を...

個人再生を相談しようと考える方は、この個人再生の意味を良く理解する必要があります。個人再生とは個人債務者再生手続きのことであり、2001年の4月から始まった新制度となるためにあまり認知されていないのが現状であります。そしてこの制度を活用しようとするならば一定の条件をクリアする必要があり、その条件とは住宅ローンなどを除いた債務の総額が5000万円以下でなおかつ一定収入の継続性の見込みがある場合に裁判...

債務整理のデメリットは、方法によって違います。任意整理と個人再生は、自己破産と違って不動産を没取されることはありません。そのため、債務整理をする人の間では、選ばれることが多い方法です。しかし、任意整理と個人再生の間でも、デメリットは異なります。その違いの一つが、官報についてです。官報とは、政府が休日を除き毎日発行している広報誌のような物で、さまざまな情報が掲載されています。任意整理と個人再生のデメ...

個人再生というのは借金を大きく減額する方法ですが、財産を残すことが出来るというメリットがあります。この方法さえ使えば基本的に車を処分する必要はありません。処分しなければならないのは自己破産の場合であり、車を残すための方法が個人再生であると考えてください。基本的に個人再生は大幅な借金減額はするものの、住宅や車、金品といった財産を処分する必要性はありません。従ってそのまま残しておくことが可能となります...

個人再生は借金が膨らみ、返済方法や返済期日を相当延期しても支払うことができないと裁判所が認めたときに借金を大幅に減額することで本人の経済的再生を促す制度です。一般的には自己破産した場合の債務者が受けることの出来る金額と、債務の1/5のどちらか多い方を弁済する決まりとなっており、単純には債務が最低1/5になる制度です。しかし、単純に債務が減るだけでなく、自己の財産も債権者により差し押さえられるので注...

個人再生は、債務が多くなり当初の返済計画が履行できなくなった場合に、裁判所に実現可能な返済計画を提出して認めてもらうことによって債務を減額してもらう手続きです。原則として債務の5分の1を減額してもらうもので、減額された債務を、3年から5年を掛けて支払うことになります。手続きは、弁護士または司法書士に依頼することになります。自己破産と異なり、一定の条件を満たせば住宅や車などの財産を失うことがありませ...

負債が大きくなってしまい、どうにもならなくなってしまった場合、個人再生をすることができます。ですが、個人再生をするには問題があります。それは、ある一定の収入が必要だということです。ある程度一定の収入があることを前提としたうえで、個人再生を行うことになるからです。また、そのスケジュールとしては、毎月一定額を支払い続けていくコースとなります。なので、個人再生を申し立てた時点で、負債額を5分の1まで減額...

債務整理の個人再生をすると、クレジットカードを作ることはできません。クレジットカードを作ることができない原因は、個人再生をするとブラックリストに登録されるからです。ブラックリストに登録されるとローンなどを組めなくなるので、申し込みをすると落とされてしまうのです。クレジットカードを作れない期間は、個人再生をしてから5年から7年ほどと言われています。最低5年は作ることができませんから、不便な生活を強い...

借金がある人は、家族や友達にも言えないことが多く、一人で悩むことが多いです。一人で悩んでいると、気持ちがどんどん暗くなり、病気になってしまう人もいます。そうならないためにも、誰かに相談するといいでしょう。誰かに相談することで、気持ちがすごく楽になることもあります。法律相談事務所に、借金相談をすればいろんな債務整理する方法を教えてくれます。債務整理は、法的に借金を一度見直して、借金で困っている人が無...

消費者金融や銀行に代表されるカードローンは、カード1枚でATMからお金を引き出す感覚でお金が借りられるため、便利で気軽な借金方法として人気があります。しかし、その気軽さからついつい自分の返済能力を超えた借り入れをしてしまい、返済に苦しんだり返済自体が滞ってしまうことがしばしばあります。特に、返済が滞ってしまうと、遅延損害金が別途返済額に加算されるほか、金融業者から督促の電話や手紙が頻繁に来るように...

個人再生手続きというのは、将来継続的に収入の見込みや給与などを定期的にもらう見込みのあるもので借金の額が3000万円以下のものに原則として借金を5分の1にし、3年分割で返済すれば残りの5分の4を免除するという手続です。個人再生手続きを利用できるのはこの2つの条件を両方とも満たす個人に限られます。個人再生のための標準的なスケジュールとしては、まずは司法書士が債権者から個人再生の依頼を受けたことを債権...

借金が増え過ぎて、これ以上今の計画のままでは返済が無理な時に、個人再生を利用する方法もあります。個人再生は裁判所に申し立てをした後、裁判所が認可すれば、住宅ローン以外の借金を5分の1、もしくは10分の1か、100万円まで減額できるというものです。その後、減額分を3年間で返済し終われば、残りの借金を帳消しにすることが可能です。減額後の返済額は最低で100万円となっていますので、住宅ローンを除いた借金...

個人再生は債務整理の一形式です。自己破産では借金が全て棒引きになるかわりに全財産を手放す必要がありますが、個人を対象にした民事再生である個人再生では借金自体がなくなるわけではありませんが、減債された額を3年以内に返せばよく、また住宅などの高価な財産を手放す必要がないというメリットがあります。比較的新しくできた制度ですが、住宅ローンを除く借金の総額が5000万円以下で、かつ継続収入の見込みがある人の...

現在の借金を1/5や1/10まで減額して貰い、その借金を3年程度かけて返済していくという債務整理法が、個人再生です。借金返済をしていくだけの収入があり、現在、100万円以上の借金があるという人に有効な債務整理法です。住宅ローンなどは、減額の対象にはなりませんが、一般の借金の返済額が減るだけでも毎月の生活は楽になり、住宅ローンなどの返済の余裕も出てくる事になります。そして、住宅や車等の財産を手放す必...

個人再生とは、借金を5分の1程度にまで減らす事が出来る債務整理の種類です。再生という名前が示すように、破産ではなく返済によりもう一度出直したいという人に向けられた内容です。このために、計画が明確である事が重要であり、裁判所に個人再生計画案を提出しなくてはなりません。これが許可される事により、借金を減額する事が可能となります。個人再生は、返済するだけの経済力と意思とが問われる債務整理です。このために...