債務整理にかかる期間について※債務整理まとめ

主な債務整理の種類ごとに述べていきます。

 

【債務整理】任意整理にかかる期間

1.任意整理・本人が交渉に当たることは現実には、難しいのでやはり専門家である弁護士に頼むのが無難です。

 

任意整理は利息をカットしてもらい元金のみを3年から5年以内で返済していくのが一般的です。官報には載らないものの、個人の信用情報機関には載り、保存されるのが5年から7年であり、従って、その間クレジットや借入は出来なくなる。この手続きが完了するまでの期間は2か月から1年はかかるようです。

 

【債務整理】特定調停にかかる期間

2.特定調停・任意整理と同様に元金ではなく、利息をカットしてもらい、過払い請求も同時に行える。この場合は、裁判所に入ってもらいますが、弁護士の費用も安く債務整理にかかる期間も比較的短く、1か月余りで可能ですが、債権者が強硬だとそうもいかないようです。

 

【債務整理】個人再生にかかる期間

3.民事再生・自己破産できなかった人やどうしてもしたくなかった人に向いている。住宅ローンは対象にならないが、借金は大幅に減額してもらえ、3年をメドに返済を行っていきます。

 

裁判所に申し立ててから、半年程度はかかるようです。

 

【債務整理】自己破産にかかる期間

4.自己破産・官報にも信用情報機関にも載る。資産は差し押さえられるので、マイホームなどは失うことになる。借金がなくなる期間は、問題がなければ3か月程度で自己破産が出来る人もいるようですが、財産が多い人はその分時間がかかってしまうのが普通です。

-借金解決のために-

最適な手段を知る事
まずは無料・匿名でシミュレーションしてみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから

プロに相談する
⇒無料相談を受け付けている弁護士事務所