自己破産したら今後が不安※債務整理の種類について

自己破産した場合、そのときに債務が残っていたクレジットカードに関しては信用がなくなったことで契約が破棄され、即座に利用できなくなります。しかし、債務がなかったクレジットカードはしばらく使える場合があります。
規約としては自己破産のような信用を大きく損なうことがあった場合、契約は破棄されることになっています。本来であればクレジットカードの所有権はカード会社にあるため、要求されなくても規約に従って返却しなければなりません。しかし、これは個人情報信用機関の情報をチェックしなければ分からないことであり、チェックされないようにすれば使い続けられます。
チェックされるケースとして、ショッピングで分割払いしたり、キャッシングを利用するなどが挙げられます。そのため、一括払いでショッピングしていれば気付かれることはありません。ただし、クレジットカード会社の中には定期的に情報をチェックするところもあり、早く気付かれてしまうこともあります。また、クレジットカード契約の更新時期になればどうしてもチェックされてしまうため、更新できなくなります。
自己破産後にカードを新規に作りたい場合、すぐに作るのは難しいです。個人信用情報機関に破産した情報が最長で10年間保持されており、これが審査に悪影響を与えます。そのため、この情報が削除されるのを待たなければなりません。この情報が残っているかどうかは個人信用情報機関に要求して確認できます。不安な場合は確認しておくと良いです。

-借金解決のために-

最適な手段を知る事
まずは無料・匿名でシミュレーションしてみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから

プロに相談する
⇒無料相談を受け付けている弁護士事務所