自己破産、奨学金も対象?|自己破産まとめ※必読

債務整理の1つである自己破産は、債務者本人が保有している全ての債務、即ち借金を帳消しにできる制度です。

この自己破産によって免れることのできる債務の中には、独立行政法人・日本学生支援機構などの貸与型の奨学金も含まれます。
従って自己破産を行えば、返済途中の奨学金も帳消しとなります。

ただし、ここに注意すべきポイントがあります。
自己破産というのは借入を行った当人である、債務者本人については全ての借金から逃れることができる制度となっていますが、
保証人や連帯保証人については、返済の義務を免れないのです。

とすれば、奨学金の残りの返済は自己破産成立後どうなるかというと、保証人、もしくは連帯保証人へと移行します。

奨学金の性質上、借入を行った際は債務者の親や親族など、債務者とかなり近しい間柄の人物が保証人・連帯保証人となっているケースが大半かと思われますが、
自己破産成立後はこれらの人たちに請求が行くようになることを予め伝え、返済が可能かどうかの話し合いを行う必要があります。
というのも、もしも保証人や連帯保証人までもが返済できない経済状態であるならば、その人たちも含めて自己破産を検討しなくてはならないからです。

ですから、自己破産を検討する際はその債務に係わっている周囲の人々に実質的な借金返済義務が発生するということをよく理解し、
保証人・連帯保証人と必ず相談の上、手続きを行うようにしましょう。

-借金解決のために-

最適な手段を知る事
まずは無料・匿名でシミュレーションしてみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから

プロに相談する
⇒無料相談を受け付けている弁護士事務所