自己破産、連帯保証人への影響は?|自己破産まとめ※必読

自己破産は借金がゼロになると思っている方も、多いのではないでしょうか?
確かに自己破産を申し立てした債務者は、借金の返済義務が無くなるので実質的に借金は無くなります。
しかし、これは債務者に限った話で、保証人がいた場合、債権者は保証人に借金の支払請求を行うのです。

しかも保証人には分割での支払いではなく、一括返済を求められます。
ですので保証人は自己破産を行った本人よりも、辛い状況に置かれてしまうと言えるでしょう。
一括で返済する事は難しい為、自己破産を行うと保証人まで自己破産してしまったというケースは少なくありません。

自己破産は借金の返済義務が無くなる変わりに、家などの財産は差し押さえられますし、就ける職業にも制限がある期間があります。
ですので自己破産した事で保証人の方が、住むところだけでなく職までも失ってしまうかもしれないのです。

このように自己破産を行うと、保証人に大きな影響を与えてしまいます。
債務整理には自己破産以外にも、任意整理や個人再生という方法があるので、安易に自己破産をせず、まずは弁護士などに債務整理を相談しましょう。
最近は無料で相談に対応している、法律事務所も多いので相談しやすい環境になっていますよ。

-借金解決のために-

最適な手段を知る事
まずは無料・匿名でシミュレーションしてみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから

プロに相談する
⇒無料相談を受け付けている弁護士事務所