自己破産の仕方|手続き/流れ/期間|自己破産まとめ※必読

自己破産は裁判所に申し立てをし、行う債務整理です。
しかし裁判所に申し立てを行う前に、債権者へ受任通知を送らなければいけません。
受任通知は債権者に自己破産する事を伝える目的と、自己破産する為に必要な書類を作成する為に、いくら借金が残っているかなどを申告してもらう目的があります。

債権者から借金の額などが記された債権調査票が送られてきたら、それに基づいて書類を作成します。
そして裁判所に自己破産の申し立てを行うのです。
しかし裁判所に申し立てを行ったからといって、自己破産が成立するわけではありません。

申し立てを行った後は裁判所で、破産審尋を受ける必要があります。
破産審尋は面接のようなもので、裁判官から自己破産に至った経緯や、それまでの返済状況などを聞かれるようです。

破産審尋で返済できる状況にないと判断されると、自己破産手続きが開始されます。
しかし、まだこの時点でも自己破産で借金を整理する事はできません。
この後に免責申立てをし、免責審尋を受けなければいけないのです。
免責審尋も破産審尋と同じような面接で、ここで免責が認められると自己破産の成立となります。

最初の受任通知から自己破産で借金を整理できるまでにかかる期間は、平均して約半年から1年ほどと言われていますよ。

-借金解決のために-

最適な手段を知る事
まずは無料・匿名でシミュレーションしてみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから

プロに相談する
⇒無料相談を受け付けている弁護士事務所