自己破産・免責・破産宣告について※ブラックリストや官報

自己破産の手続きをするときに、気になるのがかかる期間です。
裁判所に申し立てをしてから、全てが終わるまではそれぞれの状況によって違ってくるので、必ずしもこの期間で終わるというものはありません。

ただ、平均で約6ヶ月から1年ぐらいで早い人では3ヶ月という人もいます。
その理由には、自己破産をする人の財務状況や債権者数などにより、必要な書類の数も違っていて各地方裁判所によって手続きなどの内容が違ってくるためです。
必ず6ヶ月で終わるという明確な期間は決まっていません。

期間が気になる一つとして、返済の負担から解放されたいという気持ちもあるからですが、その点は心配はありません。
弁護士や司法書士に依頼したときには、受任した時点で各債権者に受任通知書を発送します。
受任通知書が届くと、債権者からの執拗な督促の電話などは全て止まります。
例えば、自己破産の相談を弁護士にしてから、依頼を申し込んで裁判所に申請を行ったときには、大体一ヶ月ぐらいかかります。
これも、書類の不備や財産などがあるとまた変わってきます。

順調に進んで財産もない場合は、同時廃止になり免責の審問を受けるまで、相談から三ヶ月ぐらいかかり、弁護士から正式に自己破産の免責決定の証明書が郵送されるまでが、約4ヶ月ぐらいかかります。
これも、順調に進んだ場合なので、他に何か手続きなどがあれば更にかかることになります。
もし、早く手続きを進めたい場合は、直ぐにでも弁護士や司法書士に相談した方がよいでしょう。







-借金解決のために-

最適な手段を知る事
まずは無料・匿名でシミュレーションしてみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから

プロに相談する
⇒無料相談を受け付けている弁護士事務所