自己破産と流れ※無料相談が出来る弁護士事務所

消費者金融や銀行のカードローンは、カード1枚で気軽にお金が借りられるため、急にお金が必要になった時などに大変重宝します。しかし、一般的なローンに比べ金利が非常に高めに設定されているため、借入金額が増えるにつれて支払わなければならない利息の額も増えていき、気がついた時には利息ばかり返済して、元本がほとんど減っていない状況に陥っていることがあります。これがカードローンの恐ろしい落とし穴です。やがて元本の返済のために別の借金をするようになるとその借金の返済も困難になり、結果的に借金が雪だるま式に膨れ上がってしまいます。この状態を「多重債務」といいます。このように多重債務などで借金が返済できなくなってしまった人が、法的に借金を帳消しにすることによって人生の再スタートを図れるようにする手続きを「自己破産」といいます。自己破産は、ほとんどの場合法律の専門家である弁護士を通じて行います。自己破産の流れは、まず法律事務所に行き弁護士とともに自己破産をするか検討します。次に、自己破産を申し立てるための必要書類と添付書類を用意します。必要書類、添付書類ともに種類が多岐にわたる上、少しでも不備があれば裁判所で受け付けてもらえないため、提出前に必ず弁護士にチェックしてもらいます。そして、実際の手続きの流れを弁護士とよく確認しながら、免責不許可事由に該当しないようにします。すべての手続きの流れを経て、裁判所から免責許可の決定を受けると、晴れて借金が全額免除されます。

-借金解決のために-

最適な手段を知る事
まずは無料・匿名でシミュレーションしてみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから

プロに相談する
⇒無料相談を受け付けている弁護士事務所