2回目の自己破産・トラブル・お悩み※無料相談ができる事務所

自己破産というのは、自分が所有している財産のうち100万円分は手元に残し、それ以外はすべて失う代わりにほとんどの借金を免除してもらうという手続きです。そのため、債権者にとってもリスクが大きい手続きで、通常は2回目の手続きというのは行いづらくなっています。
しかし中には、自己破産をした後で生活を立て直したものの、失業や急な出費などの様々な原因で、2回目の申し立てを余儀なくされるという人もいます。この場合、どうしても初回の申し立てよりは審査が厳しくなりますので、できれば自分で申し立てずに弁護士や司法書士といった専門家に依頼したほうがよいでしょう。
2回目の自己破産申し立てをするときには、申立書に過去の手続きについて正直に記載しなければなりません。いつの申し立てでどこの裁判所、事件番号はいくつだったかなどの情報が必要になりますので、過去に手続きをした時の書類は大切に保管しておきましょう。また、審尋のときには一度破産をしたのにどういった理由で再度申し立てをすることになったのかを聞かれることもありますので、的確にこたえるようにしましょう。
基本的に、自己破産は生活費などのやむに已まれぬ事情があって借り入れをした人だけが利用できる制度です。ギャンブルや買い物といった浪費に使用した場合には、初回の自己破産でも借金の免除が受けられない可能性がありますので注意しましょう。また、申し立てによるリスクもありますので調べておきましょう。

-借金解決のために-

最適な手段を知る事
まずは無料・匿名でシミュレーションしてみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから

プロに相談する
⇒無料相談を受け付けている弁護士事務所