自己破産の条件とは?|自己破産まとめ※必読

借金でどうにもならなくなった場合に、自己破産と言う方法があります。しかし当然、自己破産します、
と言えば誰でも出来るかと言えばそんな事はありません。条件があります。

借金を支払うことが出来ない人が自己破産を行いますが、支払い能力が無いと裁判所に判断して貰うには、
財産を持っていない、お金を稼ぐ方法を持たない、すでに払えていない、客観的に見てどうか、と言うような
事が重要になります。コレらの要素を満たしているのであれば、ちゃんと裁判所は認めてくれます。
これは誰彼かまわず自己破産されては困る、と言う理由よりも、自己破産手前の方法で何とかなるなら
その方が良い、と言う考えに基づいて作られていますね。どれかを満たしていなくても、全体を見て客観的に
判断されますから、いくつか満たしていなくても自己破産を行える可能性はあります。

ギャンブルや浪費などでの借金の場合、もう少し複雑ですが結論から言えば認められます。基本的にはダメ
となっていますが、免責が認められているので確率はかなりあります。ですが自己破産する人の状況によって
大きく変わるので一概には言えません。担当する人によって変わってくる部分でもありますから、始めから
諦める事はありませんね。ただし、公然とギャンブルと声を大にして言ってしまうと難しいですから、
その辺は弁護士さん等の人と相談です。

あくまで認めるのは裁判所なので、全く同じ条件でも認められたり、認められなかったりと言う事もあります。
その辺りはしっかり認識しておきましょう。

-借金解決のために-

最適な手段を知る事
まずは無料・匿名でシミュレーションしてみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから

プロに相談する
⇒無料相談を受け付けている弁護士事務所