自己破産すると住宅ローンは利用できない?!※費用

自己破産とは裁判所で支払いが不可能であるという決定を受け、生活をする上で必要なもの以外の自分の財産を失う代わりにすべての借金を免除してもらうことです。
そのため自己破産はすべての財産を失うことになります。借金を免除してもらうことができることが目的ではありませんが、この手続きのあとに新たな収入を得たものや財産は本人が使用することができます。
要は自分の生活をもう一度立て直すことができるというものです。
借金超過で苦しい生活をしている人を立ち直すことができるように作られた制度なのです。
自己破産を申告するにはやはり条件があります。まず借金がどうしても返すことができない状況であると判断されなければなりません。
ただし住宅ローンや保証人がついている債務は自己破産の申告はできません。
自己破産するということは不動産や自動車、生命保険などすべての資産は原則処分の対象になってしまいます。
またクレジットカードは基本的に持つことができなくなります。またローンなどの審査が通らなくなります。
クレジットカードを申し込みしてもブラックリストに5年から10年のってしまうのでその間クレジットカードを持つことができなくなります。
ただそれはカード会社によって審査の基準があります。きちんと更生しそれなりに収入がありちゃんと職業を持っているといった条件によってかわるのです。
いずれにしても無理な借金はしないこと、自己破産は最後の手段として返済プランをたててお金を借りることです。

-借金解決のために-

最適な手段を知る事
まずは無料・匿名でシミュレーションしてみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから

プロに相談する
⇒無料相談を受け付けている弁護士事務所