自己破産はすべての借金の支払いが免除されますが、
どなたでも利用できるのではなく、状況によって出来る人、出来ない人があります。
自己破産は支払い能力が無い人、免責不許可事由に該当しない人が利用できます。
無職でもパートでもアルバイトでも主婦でもこの条件に当てはまれば利用することが出来ます。
逆に言うと支払い能力がある人、免責不許可事由に該当している人は利用できません。
支払い能力は裁判官が債務者の借金総額や年収などをチェックして的確に判断しています。
免責不許可事由はいろいろな項目があり、借金の原因がギャンブルや浪費も含まれています。
しかし免責不許可にするのは裁判官の判断にゆだねられており、裁判官によっては裁量で免責を許可してくれることがあります。
免責不許可事由に該当していても、悪質な場合でないときは免責が許可されることがあります。
自己破産は住宅や土地などの不動産や現金、預貯金、有価証券など一定の財産は差押えされます。
しかし換価する財産を持っていなくても自己破産は問題なくご利用いただけます。
ですが自己破産はデメリットが大きいので最後の手段として、まずは任意整理や個人再生、特定調停など他の債務整理の方法を考えましょう。

-借金解決のために-

最適な手段を知る事
まずは無料・匿名でシミュレーションしてみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから

プロに相談する
⇒無料相談を受け付けている弁護士事務所