自己破産後のクレジットカードについて|自己破産まとめ※必読

自己破産はほとんどの方が、1度は耳にした事のある言葉ではないでしょうか?
借金が返せなくなったら自己破産というイメージも強く、実際自己破産は借金の返済義務が無くなり実質的に、それまでの借金がゼロになるので
借金問題を大きく解決できる債務整理と言えます。

自己破産を行う事で借金の返済はしなくても済みますが、はやり社会的なデメリットやペナルティーは発生するので、その点は注意しましょう。
自己破産を行う事で起こるデメリットに、クレジットカードを作れなくなるという事が挙げられます。
自己破産により借金を整理すると、信用情報機関ににその情報が登録されてしまいます。
信用情報機関とは俗に言われるブラックリストの事で、借金を整理するとその情報が登録されるのですが、この情報により社会的な信用は失われ
クレジットカードを作る事ができなくなるのです。

クレジットカードを作るだけでなく、使う事も出来なくなるので自己破産後は、この点で不便さを感じるでしょう。
ただし、自己破産をしたからといって一生、クレジットカードを持てないという事はありません。
自己破産を行った場合、平均して約7年から10年ほど経てばクレジットカードを、作れるようになるといわれています。

-借金解決のために-

最適な手段を知る事
まずは無料・匿名でシミュレーションしてみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから

プロに相談する
⇒無料相談を受け付けている弁護士事務所