自己破産した人の車ローンについて知りたい※無料相談

債務整理の手段の中で自己破産を選択した場合には、借金の支払い義務がなくなります。今ある収入は全て生活費にすることができるので、精神的にもサッパリします。金融業者からの連絡がなくなりますし、返済のためのやりくりで悩むこともなくなります。ただし、裁判所に支払不能であると認めてもらわなければなりません。
自己破産のデメリットとしては、価値が20万円以上と判断された財産は没収されたり、手続きをしている間は資格制限が付くので、特定の仕事には就けなかったりします。自動車を所有していて車ローンが残っている場合でも、原則的には車を手元に残すことはできません。ただし、車を持っておく方法が全くないわけではありません。債権者の同意が必要になりますが、車ローンを第三者に支払ってもらう、もしくは買い取ってもらう方法、裁判所に申し出を行って車を維持する認可をもらう方法です。
自動車税は所有者が支払わなければなりません。自己破産しても支払いの義務は残ります。
自己破産後の車ローンは、日本信用情報機構に情報が載っている間は難しいと考えてください。一定期間が経過していても、信用に傷がついてしまっていることは変わることがない可能性が高いです。
自己破産したときの借金の額や現在の生活の状況にもよるので、一概には言えませんが、車ローンを組むことを考える場合は、あまり期待しすぎずにいた方がいいでしょう。クレジットカードにも同様のことが言えます。

-借金解決のために-

最適な手段を知る事
まずは無料・匿名でシミュレーションしてみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから

プロに相談する
⇒無料相談を受け付けている弁護士事務所