自己破産とは?

自己破産とはすべての債務の支払いが免除される手続きの事です。
詳しい自己破産について

 

裁判所に申し立てを行う必要があります。
自己破産では借金の総額を基準にしていません。
支払い能力が無いこと、免責不許可事由に該当しないことを条件に利用することが出来ます。
たとえ100万でも支払い能力が無ければ免責が許可され、1000万でも支払い能力があると免責が不許可になります。
免責が許可される代わりにマイホームや99万円以上の現金、20万円以上の預貯金などの財産は失ってしまいます。
さらに官報に記載されたり、ブラックリストに記載されて7年~10年という長い期間で新規借り入れが出来なくなったり、
一部の資格で制限があったり、連帯保証人に一括請求が行くなど様々なデメリットがあります。
債務整理には任意整理や個人再生などほかの手続きもあります。
任意整理は裁判所を通さずに債権者と任意で交渉を行います。
債権者を選んで任意整理できるので、連帯保証人をたててある債務を外して迷惑をかけないようにすることが出来ます。
個人再生はマイホームを手放さずに借金が大幅に減額されます。
任意整理も個人再生も基本的に減額された借金を返済していくだけの、安定した収入が無いと利用することはできません。
どの手続きがいいかご自身で判断するのは難しいでしょうから弁護士にご相談ください。

自己破産とは?【無料相談が出来る弁護士事務所まとめ】記事一覧

自己破産を行うと、同時廃止事件として扱われるか、管財事件として扱われるかが決まります。普通聞いたことありませんよね。自己破産を行った時は大部分が同時廃止事件として扱われます。自己破産をした人が返済に回したりする資産、財産を持っていない事が明らかな場合は、処分するなどの手続きが必要ありませんので、破産手続きを始めたと同時に破産終了となります。なので同時廃止事件と呼ばれます。この後は特に何をする必要も...

自己破産は借金がゼロになると思っている方も、多いのではないでしょうか?確かに自己破産を申し立てした債務者は、借金の返済義務が無くなるので実質的に借金は無くなります。しかし、これは債務者に限った話で、保証人がいた場合、債権者は保証人に借金の支払請求を行うのです。しかも保証人には分割での支払いではなく、一括返済を求められます。ですので保証人は自己破産を行った本人よりも、辛い状況に置かれてしまうと言える...

自己破産は、普段から身の丈に合わない借金をし過ぎた挙句に、返済能力を喪失してしまった状態の人を救済する唯一の借金解決法です。自己破産に成功すれば、背負っている借金全てが免除されるこの上ないメリットがありますが、それとは引き換えに相当のデメリットも受け入れなければなりません。ここでは自己破産開始決定直後に発生するデメリットについて、大まかに解説してみたいと思います。まず自己破産手続きにおいて、裁判所...

借金でどうにもならなくなった場合に、自己破産と言う方法があります。しかし当然、自己破産します、と言えば誰でも出来るかと言えばそんな事はありません。条件があります。借金を支払うことが出来ない人が自己破産を行いますが、支払い能力が無いと裁判所に判断して貰うには、財産を持っていない、お金を稼ぐ方法を持たない、すでに払えていない、客観的に見てどうか、と言うような事が重要になります。コレらの要素を満たしてい...

自己破産は裁判所に申し立てをし、行う債務整理です。しかし裁判所に申し立てを行う前に、債権者へ受任通知を送らなければいけません。受任通知は債権者に自己破産する事を伝える目的と、自己破産する為に必要な書類を作成する為に、いくら借金が残っているかなどを申告してもらう目的があります。債権者から借金の額などが記された債権調査票が送られてきたら、それに基づいて書類を作成します。そして裁判所に自己破産の申し立て...

近年、「自己破産」を全て最初から最後まで自分で書類を作り裁判所への申し立ても自分で行う債務者の方も増えていますが、「自己破産」を全て最初から最後まで自分で行う事は大変な労力と気力が必要になってきます。では、「自己破産」の手続きを債務者が行わない場合には誰に「自己破産」の手続きを依頼するのが良い選択と言えるのでしょうか。「自己破産」の手続きを債務者以外の人間に依頼する場合、司法書士と弁護士がその手続...

自己破産はすべての借金の支払いが免除されますが、どなたでも利用できるのではなく、状況によって出来る人、出来ない人があります。自己破産は支払い能力が無い人、免責不許可事由に該当しない人が利用できます。無職でもパートでもアルバイトでも主婦でもこの条件に当てはまれば利用することが出来ます。逆に言うと支払い能力がある人、免責不許可事由に該当している人は利用できません。支払い能力は裁判官が債務者の借金総額や...

自己破産はほとんどの方が、1度は耳にした事のある言葉ではないでしょうか?借金が返せなくなったら自己破産というイメージも強く、実際自己破産は借金の返済義務が無くなり実質的に、それまでの借金がゼロになるので借金問題を大きく解決できる債務整理と言えます。自己破産を行う事で借金の返済はしなくても済みますが、はやり社会的なデメリットやペナルティーは発生するので、その点は注意しましょう。自己破産を行う事で起こ...

債務整理の1つである自己破産は、債務者本人が保有している全ての債務、即ち借金を帳消しにできる制度です。この自己破産によって免れることのできる債務の中には、独立行政法人・日本学生支援機構などの貸与型の奨学金も含まれます。従って自己破産を行えば、返済途中の奨学金も帳消しとなります。ただし、ここに注意すべきポイントがあります。自己破産というのは借入を行った当人である、債務者本人については全ての借金から逃...

多重債務で、これ以上の借金返済は難しいと感じた時に、行なう債務整理の一つが、自己破産です。破産宣告を行なえば、そこから先は借金返済の義務がなくなります。ただ、自己破産には条件があり、条件によっては、できない可能性もあります。自己破産というのは、まず裁判所に破産を申立て、裁判所がその申立てを認めない事には行なう事ができません。現在の収入では、今後返済が難しい、財産を処分しても、尚、返済が難しいという...

自己破産した場合、そのときに債務が残っていたクレジットカードに関しては信用がなくなったことで契約が破棄され、即座に利用できなくなります。しかし、債務がなかったクレジットカードはしばらく使える場合があります。規約としては自己破産のような信用を大きく損なうことがあった場合、契約は破棄されることになっています。本来であればクレジットカードの所有権はカード会社にあるため、要求されなくても規約に従って返却し...

債務整理の手段の中で自己破産を選択した場合には、借金の支払い義務がなくなります。今ある収入は全て生活費にすることができるので、精神的にもサッパリします。金融業者からの連絡がなくなりますし、返済のためのやりくりで悩むこともなくなります。ただし、裁判所に支払不能であると認めてもらわなければなりません。自己破産のデメリットとしては、価値が20万円以上と判断された財産は没収されたり、手続きをしている間は資...

自己破産というのは、自分が所有している財産のうち100万円分は手元に残し、それ以外はすべて失う代わりにほとんどの借金を免除してもらうという手続きです。そのため、債権者にとってもリスクが大きい手続きで、通常は2回目の手続きというのは行いづらくなっています。しかし中には、自己破産をした後で生活を立て直したものの、失業や急な出費などの様々な原因で、2回目の申し立てを余儀なくされるという人もいます。この場...

自己破産をすると官報に掲載されると言います。この官報と言うのは、国が発行する機関誌であり広報と公告と言った2つの掲載事項から構成されているのが特徴です。広報には、国会に関する事項、公務員の中で一定以上の役職を持つ公務員の人事異動、叙勲・褒賞と言った受賞に関する事項、行幸啓や御祝電などの皇室に係る事項、司法試験と言った国家試験の実施における要領や試験の結果報告、公聴会の開催や議事録、地価公示などの官...

消費者金融や銀行のカードローンは、カード1枚で気軽にお金が借りられるため、急にお金が必要になった時などに大変重宝します。しかし、一般的なローンに比べ金利が非常に高めに設定されているため、借入金額が増えるにつれて支払わなければならない利息の額も増えていき、気がついた時には利息ばかり返済して、元本がほとんど減っていない状況に陥っていることがあります。これがカードローンの恐ろしい落とし穴です。やがて元本...

自己破産の手続きをするときに、気になるのがかかる期間です。裁判所に申し立てをしてから、全てが終わるまではそれぞれの状況によって違ってくるので、必ずしもこの期間で終わるというものはありません。ただ、平均で約6ヶ月から1年ぐらいで早い人では3ヶ月という人もいます。その理由には、自己破産をする人の財務状況や債権者数などにより、必要な書類の数も違っていて各地方裁判所によって手続きなどの内容が違ってくるため...

自己破産とは裁判所で支払いが不可能であるという決定を受け、生活をする上で必要なもの以外の自分の財産を失う代わりにすべての借金を免除してもらうことです。そのため自己破産はすべての財産を失うことになります。借金を免除してもらうことができることが目的ではありませんが、この手続きのあとに新たな収入を得たものや財産は本人が使用することができます。要は自分の生活をもう一度立て直すことができるというものです。借...

銀行やサラ金などから借金をして、その返済が困難になってしまったという場合に、法律上の手続きによって借金の債務をすべて免除してもらうというのが自己破産です。借金をしたのが学生である場合に、この自己破産の適用が認められるかどうかですが、結論からいえば、制度的には認められる余地があります。しかしながら、借金を返す義務がなくなる便利な制度だと安易に自己破産の申立てをする前に、この制度のデメリットや学生特有...

専業主婦でも、生活費が不足した場合や子供の教育費などでお金を借りることがあります。ただ、多くの場合が夫には内緒にしているケースがありその結果返済ができないという状況になっています。最初は、ほんの少額だったのにだんだんと借り入れ額が増加していくパターンになります。主婦でも、自己破産はできます。そして、この場合持ち家があっても名義が夫になっていると自己破産をしても差し押さえになることはありません。しか...