破産宣告していいの?免責までの流れ※債務整理無料相談

借金が重なりすぎて、とても返済が不可能となったときに、自己破産の手続をとることができます。
これは、裁判所で、すべての債務を免除してもらうものです。
裁判所が支払いは不可能であると認めて、破産宣告をすれば、税金等を除くあらゆる債務が免責されるのです。
破産宣告を受けた場合、家族への影響を心配する人がいます。
しかし、もし家族がその借金の保証人になっていない限りは、家族に迷惑がかかることはありません。
また、家族がたとえばローンを組むときに、破産宣告を受け地得ることがマイナスに響くこともありません。
さらに、「選挙権がなくなる」、「戸籍に記載される」などといった話がありますが、すべて事実ではないのです。
ただし、戸籍には破産の事実が記載されませんが、市町村役場の破産者名簿には記載されるのです。
もっとも、免責を受ければ抹消されますし、また、第三者が破産者名簿を閲覧することはできません。
破産者名簿は、公的な身分証明書などを発行するにあたって、破産者でないことを確認するために使用されるものです。
ですから、役所に関係のない人が勝手に見ることができないようになっています・
閲覧可能な立場の人も、また閲覧可能な期間も限られていますので、破産者名簿から自己破産情報が漏れることは、事実上、考えられません。
あと一つ、官報にも、破産情報が掲載されます。
官報は国の広報誌ですので、誰でも見ることができるのです。
とはいえ、一般国民で官報を読む人というのは、ほとんどいないのも現実です。
そういった意味では、官報に破産者として名前が載ることも、破産の事実が世間に広まるきっかけにはなりにくいと考えられます。

-借金解決のために-

最適な手段を知る事
まずは無料・匿名でシミュレーションしてみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから

プロに相談する
⇒無料相談を受け付けている弁護士事務所