破産宣告を考えている人費用について※無料相談

自己破産をして破産宣告を受けるまでにどのくらいの費用が発生するのでしょうか。破産宣告を受けるまでにかなりの多額のお金が必要となるのです。そのため、しっかりとどのくらいの費用が掛るのかあらかじめ把握しておくことも大事です。
自己破産を開始して破産宣告を受けるまでに、まずは収入印紙代、予納郵便代などの費用が必要となります。大体、収入印紙代で1500円、予納郵便代で3000円から15000円ほどかかります。
また、債務者に換価する財産が無い場合、同時廃止と言う制度を利用することとなっています。この同時廃止にも予納金が必要となり、大体10000円から30000円程必要となります。
そして、管財事件となった場合、管財事件で50万円を破産管財人の報酬とし、少額管財事件となった場合は20万円を報酬としなければなりません。
さらに、弁護士や司法書士などに依頼をすれば、報酬として弁護士に20万円から40万円、司法書士に15万円から30万円のお金が必要となります。
実は、自己破産は自分でもできるのですが、知識不足となるとやはり専門家の力を借りなければなりません。しかし、知識もあり手続きも自分でできると言うのであれば、専門家の報酬は費用として発生しません。知識があり、手続きも分っているのであれば自分で行うのに越したことは無いでしょう。
このように、破産宣告を受けるまでにはかなりのお金が必要となりますので、注意しましょう。

-借金解決のために-

最適な手段を知る事
まずは無料・匿名でシミュレーションしてみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから

プロに相談する
⇒無料相談を受け付けている弁護士事務所