破産宣告後の生活、失うもの※債務整理の常識ガイド

自己破産を執行している方は、意外にも多いのが現状なのですが、自己破産するとどのような影響が生活に及んでしまうのでしょうか。そもそも、自己破産は裁判所によって破産宣告を執行することによって成立します。ですから、自己破産のスタートは、破産宣告後ということになります。破産宣告後は、自己破産を執行したということになりますから、その後の生活には大きな影響が出てきます。財産を一定額分失うということは周知の事実なのですが、家を失ってしまうということは何より大きな悪影響です。特に、住宅ローンを組んでいる場合には、間違いなくその家を手放すことになります。賃貸の場合にも、その後の支払いが滞れば、強制退去ということになります。そして、破産宣告後の生活においては、クレジットカードが製造できなかったり、新たなローンを組めなくなったりするリスクが高くなってしまいます。最低でも7年間はその情報が記録されているので、破産宣告後7年間は、そのようなデメリットを覚悟しておくべきでしょう。そして、最も迷惑をかけてしまう相手がいます。それは、借金の連帯保証人です。破産宣告後は、財産を失う代わりに、負債に関しては免責されます。しかし、借金が帳消しになるわけではありませんから、その借金額の返済は、連帯保証人の義務になります。ですから、連帯保証人に残りの額を全額負担させることになります。最悪の場合には、連帯保証人まで自己破産に追い込んでしまう可能性もあります。信頼関係にも亀裂を生んでしまうことになってしまうのです。

-借金解決のために-

最適な手段を知る事
まずは無料・匿名でシミュレーションしてみましょう。

⇒無料シミュレーターはこちらから

プロに相談する
⇒無料相談を受け付けている弁護士事務所